貴景勝、初のテレビCM起用で自信「楽しくできた」 ダチョウ倶楽部の新作ギャグに公開ダメ出し

貴景勝、初のテレビCM起用で自信「楽しくできた」 ダチョウ倶楽部の新作ギャグに公開ダメ出し

『Yakult(ヤクルト)1000』CMキャラクター発表会に参加した(左から)寺門ジモン、肥後克広、貴景勝、上島竜兵 (C)ORICON NewS inc.

大相撲の大関・貴景勝、お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部が19日、都内で『Yakult(ヤクルト)1000』CMキャラクター発表会に参加。貴景勝にとって初のテレビCM起用となる。

 「小さいころから飲んでいた」というヤクルトで初めてのテレビCM出演となった。CMはけいこ場で撮影が行われたそうで「いつものけいこ通りにと言われました。あまり緊張せずにやれました」と振り返る。ただ、まげを結うシーンについては「表ではしないので、そのときは少し緊張しました。どういう表情をしたらいいのかな、と」とぶっちゃけつつも「初めてのCMでしたが、楽しくできました」と心境を明かした。

 発表会には『Yakult 1000』の応援隊であるダチョウ倶楽部の肥後克広と寺門ジモンが登場。不在の上島竜兵について肥後は「上島くんは老いなんでしょうか、動きにキレがない。きょうで引退してもらって」とクビ宣告。そして「大関、3人でよろしいでしょうか?」と貴景勝をダチョウ倶楽部にスカウト。まさかのオファーに貴景勝は「熱いお風呂は苦手で…」とやんわりと断り。残念がる2人に、対して上島は「お前ら、どういうことだよ! 冷たいじゃないか! 35年もやってるのに何だよ。俺を見捨てるのか!」と猛抗議で乱入。なんだかんだで、元サヤの3人に戻っていた。

 そんな寸劇を終えると、貴景勝は「(ダチョウ倶楽部が)昔から大好きで、ずっと見てました。すごくうれしい。アツアツおでんが好きです」と共演に大喜び。そして、同商品がストレス対策になることから、3人は“ストレス解消ギャグ”を披露することに。意気込んで「ストレス取れ取れ、トレビあ〜ん」「ダチョウ倶楽部は右肩上がり。俺たちのショルダーアップ、アップ、アップル」を繰り出した。ヤクルト社員の“忖度”により会場は笑いに包まれたが、大関らしく冷静に「全然…」と公開ダメ出しをしていた。

 失態を挽回するために上島は貴景勝との腕相撲対決も実施。両手というハンデが設けられ、上島は「コレ、勝っちゃうよ」とニヤリ。いざ勝負となったが、言うまでもなく秒殺。肘があらぬ方向に曲がった上島だったが「手を握っただけでもうれしかった」とさすりながらも笑顔を見せていた。

 貴景勝が出演する新CMは1月下旬に公開される。

関連記事(外部サイト)