【麒麟がくる】松永久秀・吉田鋼太郎のビジュアル公開

【麒麟がくる】松永久秀・吉田鋼太郎のビジュアル公開

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』(1月19日スタート)細川藤孝(眞島秀和)のビジュアル(C)NHK

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』(1月19日スタート、毎週日曜 後8:00 総合ほか※初回は75分拡大版)で、俳優の吉田鋼太郎ふんする「松永久秀(まつなが・ひさひで」と、女優の尾野真千子ふんする「伊呂波太夫(いろはだゆう)」のビジュアルが公開された。

 松永久秀は、主に畿内を中心に勢力を広める戦国武将。軍事政治両面で力を発揮し、荒々しく、したたかな生き方で、若き光秀に大きな影響を与える。戦国三大梟雄(きょうゆう=残忍で勇猛な人物)の一人とされる。

 伊呂波太夫は、架空の人物。京の戦災孤児・駒(門脇麦)が、東庵(堺正章)に引き取られる前の幼少期に預けられていた、旅芸人の女座長の娘。今は一座の座長になっている。全国各地を一座でまわり、諸国の有力大名や京の公家に顔のきく不思議なポジションで、ドラマの潤滑油になりそうだ。

 なお、これまでに、明智光秀(長谷川博己)、駒(門脇)、美濃の守護代で光秀の主君・斎藤道三(本木雅弘)、光秀を導く医師・望月東庵(堺)、光秀の正室・煕子(木村文乃)、三河出身の農民・菊丸(岡村隆史)、光秀の母・明智牧(石川さゆり)、光秀の叔父・明智光安(西村まさ彦)、美濃の守護代・斎藤道三の側室・深芳野(みよしの)(南果歩)、斎藤道三の嫡男・斎藤義龍(伊藤英明)、三淵藤秀(谷原章介)、細川藤孝(眞島秀和)、織田信長(染谷将太)、帰蝶(川口春奈)らのビジュアルが公開されている。

 同ドラマは、本能寺の変を起こした明智光秀を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか。戦国初期、群雄割拠の戦乱を生きる、各地の英雄たちを最新の研究による新しい解釈も取り入れながら描いていく。作者は池端俊策氏。

関連記事(外部サイト)