少女歌劇団プロジェクト第2期生募集 2020年の公演に向け稽古中の第1期生からエール「一緒に活動できる日を楽しみにしています」

少女歌劇団プロジェクト第2期生募集 2020年の公演に向け稽古中の第1期生からエール「一緒に活動できる日を楽しみにしています」

少女歌劇団の稽古の様子。

広井王子が総合演出を手掛ける「少女歌劇団」が、2020年8月より関西の劇場にて本格的に公演活動を始動することが決定するとともに、プロジェクトの第2期メンバーを募集する。現在来年の公演のために稽古を積んでいる一期生メンバーを取材。これから応募を考えている少女たちへのエールをもらった。

 少女歌劇団プロジェクトとは、『和』の文化を背負い、世界で活躍できる少女達の成長を見守り、応援していく 新しい形のライブ・エンタテインメント。メンバーは活動期限を20歳の誕生日までとして活動をしていく。第1期メンバーは、2019年に1月からオーディションを行い、応募資格である11歳から17歳までの736名の中から16名のメンバーが選出され、現在2020年8月の本格始動に向けて、日々ダンスや歌などの練習に励んでいる。

■少女歌劇団第1期メンバーインタビュー

――ご自身が少女歌劇団に応募したきっかけは?

・「歌って踊ることが大好きだったから」(いしばしゆあ/11歳/大阪府)
・「舞台に立ち、歌やダンス、お芝居をしたいと思ったから」(いまもりまなか/16歳/京都府)
・「もともとダンスが好きで、お母さんからこのプロジェクトがあることを聞きました」(いわなみゆうか/12歳/兵庫県)
・「知らぬ間にお母さんが応募していました。でも、自分が今までやってきたダンスや歌ができると聞いて挑戦してみようと思いました」(いわむらゆきね/14歳/大阪府)
・「ずっと継続して芸能活動をして、いろいろな事務所に入っていたのですが、高校受験を機にやめてしまって。そこでこのオーディションに出会って、これはほとんど大阪でレッスンだし、学業優先ということで、母の応援もあり、最後のチャンスとして応募しました」(きくたまこと/18歳/大阪府)
・「自分がもっといろいろなことを学びたいと思って探していたら、『少女歌劇団』に出会ったからです」(すずきみあい/14歳/大阪府)
・「Legend〈Dance Revolution〉事務局からのメールを見て、自分のやりたいことと合っているのでは!?と思ったから」(すずきゆい/15歳/静岡県)
・「『ちちんぷいぷい』(MBS)でたまたま見て、チャレンジしてみました」(たかはしまお/14歳/兵庫県)
・「元々劇団に入っていて、自分の視野を広げたかったから!」(たかやあんな/12歳/大阪府)
・「ミュージカルと吉本新喜劇が好きだったから」(ちばこゆみ/16歳/東京都)
・「ダンスの先生の紹介で。大きな舞台に立ってみたい!と思ったから」(ちばひなの/13歳/大阪府)
・「知り合いの人に勧められてオーディションを受けました」(みしまかほ/12歳/大阪府)

――オーディションの時にアピールしたことは?

・「表情やダンスなどの細かいところ」(いしばしゆあ)
・「緊張し過ぎて覚えてないです(笑)」(いまもりまなか)
・「何事もポジティブに取り組むということをアピールしました」(いわなみゆうか)・「ダンスや歌が好きな気持ち!!」(いわむらゆきね)
・「自分らしく! 人は人、自分は自分!」(きくたまこと)
・「歌です」(すずきみあい)
・「ダンスが一番得意なので、ダンスを特にアピールしました。あとは笑顔です!」(すずきゆい)
・「ダンスと歌」(たかはしまお)
・「柔軟」(たかやあんな)
・「笑顔で頑張りました」(ちばこゆみ)
・「笑顔」(ちばひなの)
・「アクロバットもダンスもやったことないけど、精一杯楽しくやりました」(みしまかほ)

――自分の経験も踏まえて、オーディションを受けるときのアドバイスを!

・「自分を信じて、楽しんで受けてください。後悔のないように!!」(いしばしゆあ)
・「ありのままの自分を出す! とにかく楽しんで全力でやり切る!!」(いまもりまなか)
・「素直に自分の気持ちを伝えると良いかなと思います」(いわなみゆうか)
・「緊張するけど、恥ずかしいという気持ちは捨てて、とにかく全力で自分を出してください」(いわむらゆきね)
・「自分を飾り過ぎないようにすることだと思います。いつもの自分より良く見せようと思うことは当たり前だと思いますが、そう思うと余計に緊張して自分の良さを出し切れないと思います。だからオーディションを楽しんであなたの魅力をたくさん出してください」(きくたまこと)
・「自信を持ってやってください!! 自分を出し切ること」(すずきみあい)
・「できないことなどがあっても、挑戦する気持ちを持ち続けたほうが良いのではと思います」(すずきゆい)
・「緊張しちゃってもニコニコする!」(たかはしまお)
・「間違えても、笑顔で」(たかやあんな)
・「笑顔を絶やさないこと!」(ちばこゆみ)
・「笑顔で自信を持って頑張ってね!」(ちばひなの)
・「緊張すると思うけど、思い切って自分らしさを表現してみてください」(みしまかほ)

――「少女歌劇団」はどんなチームですか?

・「みんな年齢は違うけど仲良しで頼れる仲間!」(いしばしゆあ)
・「11歳〜18歳までで年齢はバラバラだけど、個性豊かで仲良しなチームです」(いまもりまなか)
・「レッスンにきて、楽しいなと思えるチームです」(いわなみゆうか)
・「みんな仲が良くてお姉ちゃんと妹みたいな感じです。お互いに刺激を与え合って、一緒に成長していけるチームです」(いわむらゆきね)
・「物で例えるとすれば、パズルだと思います。一人ひとりがすごく大切なピースで、一人でも欠けると完成しないチームだと思います。いつも元気ですごく明るく、一人ひとりの個性がものすごく強いので『動物園』みたいです」(きくたまこと)
・「11歳〜18歳までで年齢はバラバラだけど、個性豊かで仲良しなチームです」(すずきみあい)
・「お互いを高め合え、足りないところは補い合えるチームです。年も離れていたりするので、家族のような感じです」(すずきゆい)
・「お互いを高め合えて、おもしろいチーム」(たかはしまお)
・「全員どんどんスキルアップしているチーム!」(たかやあんな)
・「元気で面白いチーム!」(ちばこゆみ)
・「みんなで仲良くダンスや歌を練習するチーム」(ちばひなの)
・「年齢関係なく仲が良くて、泣いたりしたときも励ませるチームです」(みしまかほ)

――合格から現在までの稽古で成長したことは?

・「自分の見せ方、自信など」(いしばしゆあ)
・「表現力」(いまもりまなか)
・「リズムがとれるようになってきたと思います」(いわなみゆうか)
・「全くできなかったアクロバットが少しできるようになったり、今までは自分が最年少の時が多かったけど、年下の子とも一緒にレッスンを受けて、技術的にも内面的にも成長できたんじゃないかなと思います」(いわむらゆきね)
・「ダンスや歌はもちろん成長したと感じます。それ以上に、私個人としては最年長ということもあり、人に目を配ることが少しできるようになったかなと思います。少女歌劇団は芸以外にも、人として大事なことも吸収できるので、あらゆることで成長できると思います」(きくたまこと)
・「全て成長できました」(すずきみあい)
・「腹式呼吸の仕組みをきちんと理解できました。アクロバットやダンスで体力がついたり、柔軟性も高くなりました」(すずきゆい)
・「筋力がついた…?」(たかはしまお)
・「自分に少し自信を持てた!」(たかやあんな)
・「表現の幅が少し増えた」(ちばこゆみ)
・「表現の出し方」(ちばひなの)
・「柔らかくなったこと・ダンスが少しずつできるようになってきたこと」(みしまかほ)

――2期生にはどんな子に応募してきてほしいですか?

・「〈やる気〉と〈勇気〉があって元気な子」(いしばしゆあ)
・「どんなことにも一生懸命な子!」(いまもりまなか)
・「上手い下手は関係なく、やる気のある子。歌ったり踊ったりすることが好きな子に入って来てほしいです」(いわむらゆきね)
・「どんな子でも!! 夢に向かって努力している子!」(きくたまこと)
・「優しくて、やる気のある子です」(すずきみあい)
・「みんなで楽しく高め合えるような環境を作れる子がいいなぁと思います」(すずきゆい)
・「どんな子でも!頑張れる子!」(たかはしまお)
・「やる気がある子!」(たかやあんな)
・「可愛い子、カッコいい子」(ちばこゆみ)
・「苦手なことでも全力で頑張れる勇気のある子!」(ちばひなの)
・「みんなで仲良くできる子」(みしまかほ)
・「何事にもチャレンジする子にきてほしいです」

――8月からスタートする公演でどんなところを見せたいですか?

・「自分が今まで頑張ってきた事を全て発揮したい!!」(いしばしゆあ)
・「チームワーク」(いまもりまなか)
・「観客の人たちが“わぁー!”っとなるようなパフォーマンスを見せたいです」(いわなみゆうか)
・「元から私のことを知っている人には成長した姿を見せたいです。初めて観る方にも『すごい!もう一回見たい!』と思っていただけるようなパフォーマンスをお見せしたいです」(いわむらゆきね)
・「ずっとメンバー全員でつらいときも楽しい時も頑張ってきました。団結力はどこにも負けないと思うので、私たちの息の合ったパフォーマンスを見てほしいです」(きくたまこと)
・「今頑張っているダンスや歌を、皆様に見ていただきたいです」(すずきみあい)
・「みんなで今まで頑張ってきたものをすべて出し切れて、ダンスも歌も素敵な所を見せたいです」(すずきゆい)
・「笑顔! 唄! ダンス!」(たかはしまお)
・「自分たちの成果!」(たかやあんな)
・「曲によって違う顔を見せられるようにしたいです」(ちばこゆみ)
・「今までの成長!」(ちばひなの)
・「レッスンを積み重ねて成長したところ」(みしまかほ)

――最後に、応募を考えている女の子たちにメッセージをお願いします。

・「一緒に少女歌劇団を盛り上げていきましょう〜!」(いしばしゆあ)
・「やらずに公開することほど、悔しいものはありません! だから挑戦してみてください! 一緒に活動できる日を楽しみにしています」(いまもりまなか)
・「笑顔を大切にしてほしいです!」(いわなみゆうか)
「少しでも迷っているならぜひ挑戦して観て下さい!! 一緒に歌ったり踊ったりできる日を楽しみにしています」(いわむらゆきね)
・「『私なんて…と思っている子はたくさんいると思います。実際、私もそのうちの一人でした。だけど、自分の人生は一回きりだし、後悔しないように、一歩を踏み出してみてください。しんどいことも楽しいことも私たちと一緒に乗り越えて、頑張りましょう。一緒に活動するのを楽しみに待っています」(きくたまこと)
・「全力を出して頑張ってください」(すずきみあい)
・「私も歌が初心者で、まだまだ特訓中ですが、楽しく成長できます。気合があれば楽しめますよ!」(すずきゆい)
・「何事もチャレンジするのみ! チャレンジ精神大事!」(たかはしまお)
・「思った以上に楽しい! 自分がどんどん磨かれてるから、自信になるから、頑張ってね!」(たかやあんな)
・「初心者でも努力を続けられれば、可能性はたくさんあるので頑張ってください!応援しています」(ちばこゆみ)
・「分からないことや不安なこともたくさんあると思うけど、とても楽しくてよい経験になると思うからぜひ、応募して見てね」(ちばひなの)
・「精一杯頑張ってください! このオーディションに受からなくても、他に合うチームもたくさんあると思います! たくさん楽しんで!」(みしまかほ)

 「少女歌劇団プロジェクト 第2期生」は現在募集中。募集しているのは11歳〜17歳(2020年3月31日時点の満年齢)の女性。公式サイト、「デビュー」などから応募できる。

関連記事(外部サイト)