のん&乃木坂46伊藤理々杏がWキャストで競演 「みんなのうた」ミュージカル

のん&乃木坂46伊藤理々杏がWキャストで競演 「みんなのうた」ミュージカル

NHKみんなのうたミュージカル『リトル・ゾンビガール』全キャスト発表(上段左から)上白石萌音、のん、熊谷彩春、伊藤理々杏(乃木坂46)、エハラマサヒロ、RiRiKA、コング桑田、一路真輝

来年7月に東京・日生劇場ファミリーフェスティヴァルで上演されるNHKみんなのうたミュージカル『リトル・ゾンビガール』。主演は、ゾンビの女の子・ノノ役の上白石萌音。ノノと人間の男の子の禁じられた友情を優しく見守るゾンビの長老・リリィ役を一路真輝が演じる。さらに今回、ノノと友達になる心優しい人間の男の子・ショウ役のWキャストに、女優・創作あーちすととして活動するのん、乃木坂46の3期生で次世代のホープとして期待される伊藤理々杏の出演が発表された。

 同ミュージカルは、人里離れた森で暮らすゾンビの女の子・ノノと街で暮らす人間の男の子・ショウの小さな友情の物語。1961年の放送開始から約60年、1300曲以上の名曲を送り出し、広く人々に親しまれてきたNHK『みんなのうた』の歴代の名曲を全編に散りばめたオリジナル・ミュージカル。

 ノノ役のWキャストにミュージカル『レ・ミゼラブル』コゼット役に史上最年少で抜てきされた熊谷彩春。ショウの父親・クルス役に吉本坂46参加やミュージカル出演など芸人以外の活動にも積極的なエハラマサヒロ。ショウのクラス担任・ハル役に元宝塚歌劇団花組娘役でテレビ東京『THEカラオケ★バトル』のグランプリ獲得経験のあるRiRiKA。ゾンビの親分役にコング桑田が配役されている。

 公演は日生劇場おほか、岩手、群馬、静岡、愛知、大阪、兵庫、大分など全国16ヶ所でも行う。

 のんは「私も『みんなのうた』を観て育った子どもの1人なので、今回参加できるのをとてもうれしく思っています。みんなが聴いて歌ってきた曲たちがそろうので、私も大切に歌わなければと身が引き締まる思いです。そして今回は初めての少年役。青年役はやった事あるけど、少年は初めて。新たな挑戦の場を経験する事に喜びを感じています」と、コメント。

 伊藤も「『みんなのうた』は小さい頃よく見ていたので、その舞台というとどんな感じなのだろうと期待に胸を膨らませています。男の子の役は初めてなので挑戦ではありますが、楽しみです。小さいお子さんや大人の方まで幅広く皆さんが楽しんでいただけて、心に届くような舞台となるよう精一杯頑張ります」と、意気込んでいる。

■あらすじ                                
 森に住むゾンビの小さな女の子・ノノ。ゾンビたちは憎き敵、人間と離れて愉快に暮らしていた。ところがある日、そのゾンビたちが住む森に、人間たちが押しかけてきた。一体何の目的で森へやってきたのか? 不安に震えあがるゾンビたち。そこでノノが正体を隠して、人間の街へスパイに行くことに。人間の街にきたノノは、大人しくて心優しい人間の男の子、ショウと出会う。「人間は恐ろしい奴ばかり」と聞いていたノノは、ショウの優しさに戸惑って…。仲良くなってはいけないはずの2人の友情の行方は? そして争い合うゾンビと人間の未来とは?

関連記事(外部サイト)