田村淳、直撃取材スルーの理由説明「別の場所を設けて2人で会見をしたい」

ロンドンブーツ1号2号・田村淳が直撃取材スルーの理由説明 田村亮の闇営業問題巡り

記事まとめ

  • ロンドンブーツ1号2号の田村淳が11日、直撃取材に応じなかった理由をSNSで説明
  • 「本意ではない形で編集された場合、誤解を招いて伝わる事を避けるため」と記した
  • 復帰が発表された田村亮については「今日の事を踏まえて、取材に応えたい」と綴った

田村淳、直撃取材スルーの理由説明「別の場所を設けて2人で会見をしたい」

田村淳、直撃取材スルーの理由説明「別の場所を設けて2人で会見をしたい」

田村淳 (C)ORICON NewS inc.

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号田村淳が11日、自身のツイッターを更新。この日、ラジオ局やテレビ局へ入る際に直撃取材を受けながら、それに応じなかった理由を説明した。

 淳は「田村亮の謹慎解除に伴って、寒い中取材に来て頂いたのに受けられず申し訳ないです」と謝罪した上で、「取材を受けない理由が2点あります。番組の打ち合わせや支度の時間を削る事はできないという点がひとつ、もう1点は、取材で録画されたものが、こちらの本意ではない形で編集された場合、誤解を招いて伝わる事を避けるために、自分自身も録画できる場所でないと取材には答えたくないという事です」と理由を明かした。

 続けて、きのう10日に発表された相方・田村亮の復帰について「これだけ関心を持って頂けるのは本当にありがたい事ですし、今日の事を踏まえて、きちんと取材に応えたいと思いました。後日、別の場所を設けて2人で会見をしたいと思います」と伝え、「テレビ局、ラジオ局への直接取材はご遠慮願いたいと思います」と呼びかけた。

 吉本興業は10日、亮が所属する「株式会社LONDONBOOTS」との間で専属エージェント契約を締結したことを発表するとともに、亮が近く芸能活動を再開することを報告。具体的な復帰時期は明かしていないが、同じ謹慎処分を受けていた芸人らは同社の劇場公演で復帰しており、ロンドンブーツとしてのライブ復帰が有力視される。

関連記事(外部サイト)