“史上初”全国民放114局で同時生放送ついに実現 キー5局人気アナ集結

“史上初”全国民放114局で同時生放送ついに実現 キー5局人気アナ集結

『一緒にやろう2020大発表スペシャル』出演アナウンサー(上段左から)日本テレビ・桝太一、テレビ朝日・弘中綾香、TBS・安住紳一郎(下段左から)テレビ東京・竹崎由佳、フジテレビ・宮司愛海

日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビの民放キー局5社とそれぞれのネットワーク局を合わせた合計114局が、24日に共同番組『民放同時生放送! 一緒にやろう2020大発表スペシャル』(後6:40〜7:00)を生放送することが決定した。各局を代表して桝太一(日テレ)、弘中綾香(テレ朝)、安住紳一郎(TBS)、竹崎由佳(テレ東)、宮司愛海(フジ)ら人気アナウンサーが一同に集結する。

 いつもは良きライバルとして、互いに競り合っている民放放送局5系列が、“より良い社会を作る”という理念の下に、手に手を取り合って、社会性の高い共同企画を行う「一緒にやろう」プロジェクトを発足。災害復興、ゴミ問題、健康促進、安心安全な街、スポーツを通じた青少年育成。多様な課題に対して、テレビ局が「一緒に」キッカケ作りをすることを目的としている。

 プロジェクトの2020年の主なテーマとして、民放放送局は今年いくつかの取り組みを予定しており、美化・健康促進・支え合い、そして東京で行われるアスリートの祭典を最高の舞台にすることを目指す。

 東京五輪開幕のちょうど半年前に放送される共同番組では、「一緒にやろう」プロジェクトの詳細や取り組みを発表。お台場に設置されるオリンピックシンボルの除幕式も生中継する。

 各局の垣根を超え、各局を代表するアナウンサーの共演も実現。桝アナ&安住アナの“好きな男性アナウンサーランキング”殿堂入りコンビ、さらに昨年はじめて“好きな女性アナランキング”(共にオリコン調べ)で1位を獲得した弘中アナなど、普段は同じ画面に映ることのない人気アナたちが貴重な生トークを繰り広げる。各アナからプロジェクトに向けたコメントも到着した。

 また、サザンオールスターズの桑田佳祐が書き下ろした「一緒にやろう」プロジェクト応援ソングが、番組内でそのタイトルとともに初公開されることも決定。民放各局はこの楽曲を“一緒にやろう”の精神の下で行う、さまざまな社会性のある取り組みや共同企画、番組、各種イベント、スポーツシーンなどで使用していく。

■各局の出演アナウンサーコメント

・桝太一(日本テレビ)
同じ仕事をしていても、いつも画面の向こう側…当たり前と思っていたその壁を、「2020」という4ケタの数字が飛び越えさせてくれました。
みんなで一緒に同じ画面におさまって、同じ言葉を繋いでいけるなんて、ワクワクしかありません!(…少し嘘をつきました。安住大先輩とご一緒する緊張もあります…)
オリンピック本番へ向けて、誰も見たことがないような可能性あふれる放送を、全力でお届けします。

・弘中綾香(テレビ朝日)
「一緒に」というフレーズがとてもしっくり来るな、とまず一番に思いました。
一生に一度、経験できるかできないかという、私たちのふるさとでのオリンピック開催。
こんなタイミングに立ち会えたことがもう、既に奇跡!
そんな二度とない機会を、日本全国のテレビの前の皆さんと一緒に楽しみたい!
そして、色んな課題を一緒に乗り越えたいと思っています。

・安住紳一郎(TBS)
2020年を境に日本人の価値観が変わる気がするのです。放送のスタイルもきっと変わるはず。『一緒にやろう2020』がきっかけになるのかもしれません。
民放114局が連係することに私は興奮を隠せません。今まで聞いたことがありません。
集まる5人が全員攻撃型のアナウンサーというのもナイスです。

・竹崎由佳(テレビ東京)
東京でオリンピックが開催されると決まった2013年の夏、大学生だった私は、人生で一度しかないであろう自国開催のオリンピックに胸が高鳴り、友人に「アナウンサーになったら、東京五輪に関わって感動を伝えたい!」と興奮気味に宣言したことを覚えています。取材を通じて、この特別な舞台に立つために、選手のみなさんが絶え間なく努力をし、決死の覚悟を持って代表選考会に挑んでいるところを目の当たりにしました。マラソンのように長く険しい道のりをいく選手たちがゴールする瞬間まで、大声援を送りたいと思います。2020年、一緒にやりましょう!

・宮司愛海(フジテレビ)
ついに2020年がやってきました!
オリンピックという夢の舞台を目指し寸暇を惜しんで努力を続けてこられた選手の皆さんにとってはもちろん、日本全体にとっても大きな意味を持つ1年。
局の垣根を越えたこの試みに参加させていただけることとなり、ワクワクして仕方がありません。民放チャンネルが、この時間だけ一斉に全く同じ番組を流す。いったいどうなってしまうんでしょうか……!誰も予想がつかないようなことを、一緒に、テレビの力で実現していきたいと思っています。

■『民放同時生放送! 一緒にやろう2020大発表スペシャル』放送内容

・五輪開幕半年前イベント「オリンピックシンボル」初公開
お台場に設置されるシンボルが、この日に初公開。
除幕式の様子を生中継…誰が除幕をするのかにも注目。

・一緒にやろうプロジェクト報告「捨てたくなるゴミ箱選手権」紹介など
2019年・秋に5系列の計20番組が参加した社会貢献企画「捨てたくなるゴミ箱のアイディア選手権」や不法投棄問題への取り組みなどを紹介。

・一緒にやろう2020メッセージ動画の発表
街も心もキレイな開催地を実現するためのメッセージを、5系列40番組が参加して、動画にした。

・民放共同企画“一緒にやろう”応援ソング“も初披露
桑田佳祐が書き下ろした民放共同企画“一緒にやろう”応援ソングを番組中で初紹介。

関連記事(外部サイト)