草なぎ剛主演舞台『家族のはなし』東京公演が決定 片桐仁が参戦「ドキドキしております…」

草なぎ剛主演舞台『家族のはなし』東京公演が決定 片桐仁が参戦「ドキドキしております…」

舞台『家族のはなしPART1』に出演する(左から)片桐仁、草なぎ剛、小西真奈美

昨年5月に京都劇場で上演した俳優・草なぎ剛が主演し、女優・小西真奈美らが出演する舞台『家族のはなし PART I』の東京公演(東京建物Brellia HALL)が決定。今作からは新たに片桐仁が加わり、さらにブラッシュアップされた物語が展開する。

 同作は、広告界の俊英として数々のCMを手がける傍ら、「満劇」(満員劇場御礼座)という劇団で20年以上コメディの上演を続けている中治信博(淀川フーヨーハイ)氏らが手がける。

 淀川フーヨーハイ氏が<第1話 わからない言葉>、同じく「満劇」のメンバーでコピーライターとしても活躍中のあべの金欠(武尾秀幸)が<第2話 笑って忘れて>の作・演出をそれぞれ担当し、“誰もが「笑って泣ける」、優しいコメディー”を描く。

 草なぎは第1話で、ケンカして別れそうになっている夫婦の飼い犬・ハッピーを演じ、第2話では広告会社プランナーの夫役と、異色の2役に挑む。また、主演の草なぎ、小西のほかに、畠中洋、小林きな子ら実力派の俳優たちが脇を固める。

 東京公演を前に草なぎは「昨年京都で上演した『家族のはなし PART1』の東京公演が決まりました。第一話ではセリフがほとんど無い犬を演じて、第二話では、小西真奈美さんと夫婦役を演じました」。

 「どちらのお話もこれまで経験したことの無い、斬新な空気感のある作品。観終わったら、とても優しい気持ちになれると思います。片桐仁さんが新たに加わり、ご一緒出来るのも楽しみです。ぜひ劇場にいらしてください」とメッセージ。

 片桐は「(稲垣)吾郎さんに続いて、初めて草なぎさんと共演させていただくことになりました。コメディなので楽しみです!」と期待を寄せ「ただ、僕以外、皆さん初演メンバーなので、『変な違和感があったらどうしよう?』と、ドキドキしております…」とコメントしている。

 公演は2020年4月24日から5月6日。

関連記事(外部サイト)