なにわ男子&Aぇ!group、Snow Man向井のデビューに感慨「こんなに自信にあふれてるんだ」

なにわ男子&Aぇ!group、Snow Man向井のデビューに感慨「こんなに自信にあふれてるんだ」

舞台『青木さん家の奥さん』公開ゲネプロ後囲み取材に出席した(左から)草間リチャード敬太、藤原丈一郎、大橋和也、末澤誠也 (C)ORICON NewS inc.

関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子の藤原丈一郎、大橋和也、Aぇ!groupの末澤誠也、草間リチャード敬太が22日、東京グローブ座で上演される舞台『青木さん家の奥さん』公開ゲネプロ後囲み取材に登壇した。

 かつて関西Jr.としてともに切磋琢磨してきたSnow Manの向井康二がこの日、CDデビュー。先日開催された関西Jr.の京セラドーム大阪公演にも向井が来場したことを振り返り、藤原は「康二がだんだん成長してきた感じ? 雰囲気も違ったし。デビューする人ってこんなに自信にあふれてるんだ」と感慨深げ。大橋は「スタッフから(向井が)泣いてたって話をきいてジーンときた。うれしいなって思いました」としみじみと語った。

 一方でSnow Manと同日デビューするSixTONESの2組に向け、末澤は「同世代でもありますし、(向井)康二も頑張ってますし。僕らも負けずに頑張っていきたい」と奮起。大橋はコメントを求められると「みなさん、デビューおめでとうございます! 僕たちも精一杯、が〜んっていけるように頑張ります!」と元気いっぱいにアピール。「追い抜けるようにね」とすかさずフォローした藤原は「正直、悔しい気持ちもありますけど、僕ら『青木さん家』の初日もありますし、ジャニーズが盛り上がってるという意味も込めていい日になるのでは」と笑顔をみせた。

 4人の“関西の先輩”でもある関ジャニ∞の横山裕が演出を手掛ける同舞台は、酒屋を舞台にしたアドリブ中心のドタバタコメディー。かつて2002年にはテレビ番組内で大野智、相葉雅紀、櫻井翔、そして舞台として大野と横山自身も挑んだ経験を持つ。本編では4人が新入りバイトの和也役の大橋、バイトリーダー役の藤原、バイトの草間くん役の草間、セイヤさん役の末澤が本人たちともリンクする個性的なキャラクターを発揮しながら客席に何度も笑いを起こした。

 多忙なスケジュールの合間でけいこが行われたそうで、「(横山が)47都道府県(ツアーの公演が)終わってからきてくれて、ありがたかったです」と藤原。きょうのゲネプロにも顔を出していたことを聞かされると「うそでしょ!」「きょうこれへんって言ってたのに」と一同大興奮。

 藤原は「横山くん、そういうところあるねん! 始まる直前に電話したら一言目『誰?』って言われたんです。登録されてなかったんです」といい、「最後、アドバイスしてくれて。最後、お前ら、自信持って頑張れよ』って」と声色を再現しながら感激すると、末澤は「かっけぇ!」と目を輝かせていた。

関連記事(外部サイト)