土屋炎伽さん、187センチの栗原恵さんと対面し「首が疲れそう…」 『ミス・ジャパン』GPも生活に変化なし

土屋炎伽さん、187センチの栗原恵さんと対面し「首が疲れそう…」 『ミス・ジャパン』GPも生活に変化なし

『ミライトワ・ソメイティの世界ツアー出発式』にゲストとして登場した(左から)土屋炎伽、栗原恵 (C)ORICON NewS inc.

女優・土屋太鳳の姉で会社員の土屋炎伽さん、フリーアナウンサーの田中大貴、元バレーボール選手の栗原恵さんが19日、羽田空港国際線ターミナルで行われた『ミライトワ・ソメイティの世界ツアー出発式』にゲストとして登場した。

 東京2020マスコットのミライトワとソメイティが公式応援ビート“2020beat”を世界に広めるため、ヨーロッパを訪問するツアー。スペイン・バルセロナ、フランス・パリ、ドイツ・ボン、ギリシャ・アテネ、イギリス・ロンドン、スイス・ローザンヌを訪れる予定となっている。

 同イベントでアシスタントを務めた土屋さんは黒いパンツにTシャツというラフな姿で登場。栗原さんとは初対面で「ごあいさつさせていただいた。スポーツ選手としても素晴らしい実績をお持ちですが、女性としても本当に魅力的で、すてきな方でした」とメロメロだった。

 この日は身長187センチの栗原さん、同じく186センチの田中に挟まれており、土屋さんは「なんだか身長が…。首が疲れそう…」とぽつり。一方の栗原さんも「きょうはヒールを履いてきてしまって身長が2メートルに近づきました」と照れていた。

 出発式では2020beatを実際にダンス。栗原さんはうまくリズムに乗れず「どこで入っていいかわからなくなった…。いっぱい練習してきたんですけど本番に弱いところが出てしまった」と反省。「言い訳してもいいのであれば、いただいた映像で何度もやっていたんですが、若干、短くなっていた」と悔しそうな表情を見せながらも「対応しきれなかった自分のミスです」と自らを攻めていた。高校時代から栗原さんを取材していた田中は「あのプリンセス・メグが踊る時代が来たんですね。個人的にも楽しかったです」としみじみ口にした。

 式後には取材に応じ、昨年9月に行われた『2019ミス・ジャパン 日本大会』でグランプリ受賞から半年経過した生活の変化を問われると土屋さんは「いえいえ、全く。生活のベースは変わらない」と即答。ただ「こういう場に呼んでいただける。栗原さんにお会いできるなんて! ずっとテレビで拝見して応援していた方。本当にうれしい。こういう機会をいただけるようになったのは、ありがたいなと実感しています」と笑顔を見せた。

 また、名前に入っている炎はバルセロナ五輪の聖火からインスピレーションを受けたものだそう。それだけに「聖火から文字をつけられた。私としても特別。自分の名前の由来となったオリンピックが東京に来るので楽しみ」と開幕を心待ちにし、聖火ランナーについて「伴走でもいいから走りたいです。練習しときます!」と直訴していた。

 この日は津軽三味線奏者のTENBIさんも参加した。

関連記事(外部サイト)