『笑点』55年目で初の“リモート大喜利” 春風亭昇太「座布団のやり取りをどうするのか…」

日本テレビ系『笑点』初の“リモート大喜利” 春風亭昇太「座布団のやり取りも見所」

記事まとめ

  • 日本テレビ系『笑点』は新型コロナウイルスの影響で番組初の"リモート収録"が行われた
  • 笑点50周年を振り返り、春風亭昇太以外は自宅から参加し、珍ハプニングにも見舞われた
  • 来週22日には、番組55年目の歴史で初となる“リモート大喜利”が放送される

『笑点』55年目で初の“リモート大喜利” 春風亭昇太「座布団のやり取りをどうするのか…」

『笑点』55年目で初の“リモート大喜利” 春風亭昇太「座布団のやり取りをどうするのか…」

初のリモート体制で収録された『笑点』 (C)日本テレビ

17日放送の日本テレビ系演芸番組『笑点』(毎週日曜 後5:30)は、新型コロナウイルスの影響を受け、番組史上初となる“リモート収録”が行われた。来週24日には、番組55年目の歴史で初となる“リモート大喜利”が放送される。

 この日の放送は、4年前の笑点50周年をプレイバック。番組史上初の試みで春風亭昇太以外の師匠たちは、自宅から慣れないリモートシステムを使って収録に参加。自宅に近くを通った救急車の音が漏れ聞こえるなど、リモートならでは(?)の珍ハプニングにも見舞われていた。

 “史上初”続きとなる来週の放送では、自宅からのリモート大喜利を実施。異例づくめの体制となり、座布団の移動は? 師匠同士の掛け合いは? など注目ポイントは盛りだくさん。

 昇太は「まさか『笑点』の収録をリモートでするなんて夢にも思っていませんでした」と目を丸くしつつ「『笑点』は、どんな状況になっても、少しでもテレビをご覧の皆さんに楽しい気持ちになって欲しいと思っています。リモートならではのハプニングがあったり、私以外のメンバーは自宅からなのでどなたかの奥様やペットが映り込んだり、普段と違う映像もお楽しみいただけるかと思います。また、リモートで座布団のやり取りをどうするのか? なども見所の1つになるかと思います」とアピールした。

関連記事(外部サイト)