森三中・黒沢かずこ『ヒルナンデス!』復帰 キレキレダンスも健在

森三中・黒沢かずこ『ヒルナンデス!』復帰 キレキレダンスも健在

森三中・黒沢かずこ (C)ORICON NewS inc.

新型コロナウイルスに感染し、先月20日にPCR検査で2度「陰性」と報告されていたお笑いトリオ・森三中の黒沢かずこ(41)が18日、日本テレビ系『ヒルナンデス!』(月〜金 前11:55)にリモート出演。3月25日以来、54日ぶりに仕事復帰を果たした。

 黒沢は3月21日に発熱し、4月3日夜にPCR検査陽性と判定され、翌4日に感染を公表。その後、自宅で療養していた。20日には、同番組で大島美幸(40)と村上知子(40)が黒沢について「PCR検査で、2度、陰性がでまして、今は味覚も嗅覚も回復していまして、現在は自宅療養ということで、体調も大丈夫そうです」と伝えていた。

 この日の放送では、ソーシャルディスタンスを意識して、相方の大島、村上と距離を開けて登場。MC・南原清隆から「きょうからあの人が帰ってまいります!」と呼びかけを受けると、「南原さ〜ん! お久しぶりです!」と満面の笑み。おなじみ「キューティーハニー」の楽曲にのせた“キレキレダンス”も健在だった。

 カメラの前も久々とあって「コロナウイルス陰性が2回出てから4週間の自宅…ようりょう? 療養(を終えました)!」とあいさつを噛むと、共演陣から総ツッコミ。自宅療養中は「気をつけていたことは、野菜をよく食べること。食欲はずっとありました。味が合ってるのかわかりませんでしたけど…。『この先、どうなるんだろう?』と。でもそんな時でも食べられるんですね」と明かした。

 藤田ニコルから「誰とコミュニケーションを取っていた?」と質問されると「(森三中の)3人でリモートでしゃべったり、鬼奴、ガンバレルーヤやオカリナとかとリモートしてました」と話していた。

関連記事(外部サイト)