『フジテレビヤングシナリオ大賞』が『放送人グランプリ2020』を受賞

『フジテレビヤングシナリオ大賞』が『放送人グランプリ2020』を受賞

『フジテレビヤングシナリオ大賞』が『放送人グランプリ2020』を受賞(C)フジテレビ

今年で第32回を迎える『フジテレビヤングシナリオ大賞』が、一般社団法人「放送人の会」が主催する『放送人グランプリ2020』を受賞。第1回受賞の坂元裕二氏以来、野島伸司氏、安達奈緒子氏、野木亜紀子氏など、数多くの実力ある人気脚本家を輩出したその見識と、その後の育成の功績が高く評価され、グランプリ獲得にいたった。

 1987年に創設された『フジテレビヤングシナリオ大賞』は、テレビドラマで活躍する若手脚本家を募集・育成するためのシナリオ公募。昨年の応募総数は1733編で、大賞受賞作品はフジテレビにてドラマ化、放送される。受賞後、即戦力となる脚本家は連続ドラマの脚本を任されるケースもある一方で、将来性のある脚本家も発掘・育成するこの取り組みは、若手脚本家の登竜門とも言われている。

 『放送人グランプリ2020』は、NHK、民放、プロダクションなどの枠を越えて番組制作に携わり、放送メディア及び放送文化に強い関心を持つ人々が個人として参加する一般社団法人「放送人の会」が主催。今年で19回目の開催となり、毎年度の放送番組や放送に関わる人物などから、独自に推薦・審査・顕彰する、放送人の放送人による放送人のための賞として知られている。

 今回の受賞を受けて、フジテレビ第一制作室長の牧野正氏は「『フジテレビヤングシナリオ大賞』の取り組みを評価していただき大変感謝申し上げます。作品を選んで終わりでなく、一緒に作り、キャリアを積み重ね、脚本家として一本立ちできるようにサポートする。そして、その結果我々のソフト力も増す、ということを目指し取り組んで参りました」とコメント。「たくさんの脚本家の方々が輩出され、数々のヒットドラマが生まれています。また多くの方々が多方面で活躍されていることも評価していただいた点かと思います。才能豊かな人材を発掘するために、これからもこの取り組みを続けていきたいと思っております」と呼びかけている。

関連記事(外部サイト)