Disney+、6月11日より日本でサービス開始 「デラックス」会員はそのまま移行

Disney+、6月11日より日本でサービス開始 「デラックス」会員はそのまま移行

Disney+、6月11日より日本でサービス開始(C) 2020 Disney and its related entities

ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+(以下、ディズニープラス)が、6月11日より日本でサービスを開始することが発表された。ディズニープラスは、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービス。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作が、月額料金は700円(税抜)でいつでも、どこでも、見放題で楽しめる。さらに、劇場公開作品と並んで、独占配信のオリジナル作品の充実にも力を入れている。

 日本上陸に併せて、昨年公開された劇場映画『トイ・ストーリー4』や『ライオン・キング』が定額制動画配信サービスへ初登場。また、ジェームズ・キャメロン監督による『アバター』をはじめ、ジョニー・デップ主演の『シザーハンズ』などもラインナップに追加される。

 さらに、ディズニープラスでは、人々の好奇心を刺激し、感動を呼び起こす、世界最高峰のドキュメンタリー番組を輩出するナショナル ジオグラフィックより、アカデミー賞を受賞した『フリーソロ』やウィル・スミスが番組ホストを務める『宇宙の奇石』などもラインナップ。

 ディズニー名作映画の実写化『わんわん物語』や「トイ・ストーリー」シリーズの短編『フォーキーのコレって何?』、ディズニー・チャンネルの大ヒットテレビ映画から生まれたドラマ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』など幅広いジャンルの作品が一堂にそろう。

 また、現在「ディズニーデラックス」にて配信中のアニメーションシリーズ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ ファイナル・シーズン』や、スター・ウォーズ初の実写ドラマ『マンダロリアン』の舞台裏を紹介するドキュメンタリー番組『ディズニー・ギャラリー/スター・ウォーズ:マンダロリアン』など、ファン待望の作品も登場する。

 なお、「ディズニーデラックス」の会員は、サービス開始後、契約を変更をすることなく、引き続きディズニープラスを利用できる。サービス移行に伴う、月額料金の変更や追加料金はない。会員継続月数も、6月11日以降も変わらずに引き継がれる。

関連記事(外部サイト)