【麒麟がくる】風間俊介、“桶狭間”回を振り返る 今川勢が「ただただ腹立たしかった」

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で「決戦!桶狭間」放送 風間俊介が撮影を振り返る

記事まとめ

  • 織田信長(染谷将太)が、今川義元(片岡愛之助)を討ち果たした"桶狭間"回を放送
  • 松平元康役の風間俊介は、織田軍の迎撃に加わることを拒否した
  • 風間は「どのような感情なのか、いろいろと考えながら現場に向かった」と振り返った

【麒麟がくる】風間俊介、“桶狭間”回を振り返る 今川勢が「ただただ腹立たしかった」

【麒麟がくる】風間俊介、“桶狭間”回を振り返る 今川勢が「ただただ腹立たしかった」

大河ドラマ『麒麟がくる』第21回「決戦!桶狭間」より。松平元康(風間俊介) (C)NHK

NHKで放送中の大河ドラマ麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、放送一時休止前、最後となる第21回「決戦!桶狭間」が7日に放送された。織田信長(染谷将太)が、今川義元(片岡愛之助)を討ち果たした「桶狭間の戦い」の中、松平元康のストーリーについて風間俊介が振り返った。

 駿河の今川義元は、自ら2万5千の軍勢を率いて尾張に侵攻。その先陣を命じられた元康率いる三河勢。ほぼ無傷で尾張の大高城へ兵糧を入れることに成功するなど活躍。翌日の夜明け前から丸根砦への攻撃を開始し、攻め落とす。

 大高城に戻ると、即刻、鳴海城への出陣命令。そして舌の根も乾かぬうちに、今度は桶狭間への出陣を迫られた。元康は三河勢を駒のように扱う今川方に次第に嫌気が差し始め、「本日はここを一歩も動きませぬ!」と言い切り、織田軍の迎撃に加わることを拒否したのだった。

 風間は「どのような感情なのか、いろいろと考えながら現場に向かったのですが、その場で感じたのはシンプルな怒りでした。それは、三河を、そして、自分を軽んじられている事に対してなど紐解けばいろいろあるのでしょうが、ただただ腹立たしかったので、そのまま演じさせていただきました。晩年の家康ではそのような対応はしないでしょうが、若さ故なのだと思います」。

 この「桶狭間の戦い」を経て、元康にとって信長は「主君を討った敵であるのと同時に、母との再会を叶え、三河を我が元に戻すきっかけを与えてくれた。幼き頃に慕っていたこともあり、一筋縄ではいかない思いですよね。尊敬と畏怖、憎しみと親しみ、全てが混ざった禍々しい存在になったと思います」と、コメントしている。

関連記事(外部サイト)