HIKAKIN、“デカ顔”で『ビッグコミック』表紙に 「動画界の第一人者」と紹介

HIKAKIN、“デカ顔”で『ビッグコミック』表紙に 「動画界の第一人者」と紹介

『ビッグコミック』12号の表紙を飾ったHIKAKIN

人気YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン)が、10日発売の『ビッグコミック』(小学館)12号の表紙を飾った。愛猫「まるお」&「もふこ」とともに、同表紙で恒例の“デカ顔”で描かれている。

 「動画界の第一人者(スーパーヒーロー)」として表紙を飾ったHIKAKIN。同誌では、小学生が憧れる職業「ユーチューバー」の先駆者で、850万人を超える自身のYouTubeチャンネルの登録者に、新型コロナウイルス下での外出自粛を広く呼びかけたことが紹介されているほか、独占インタビューも掲載されている。

 また、ジャズを題材とした漫画『BLUE GIANT』(作者:石塚真一)のアメリカ編となる新連載『BLUE GIANT EXPLORER』が前号よりスタートしており、今号では第2話が掲載。大きな話題を呼んでいることから、同誌公式サイトでは、第1話を丸ごと無料公開した。

 編集部によると「11号を買い逃したファンへのサービスという側面もありますが、より多くの人に熱量の高い話題作を雑誌で追う興奮と楽しさを味わってほしいという思いから実現した施策です」と説明している。

 『BLUE GIANT』(2013年〜16年)は、宮城県仙台市に住む高校生・宮本大が、将来何をしたいのかわからず学生生活を送っている時に、初めてのライブハウスでジャズ演奏を目の当たりにしてサックスプレーヤーを目指すストーリー。

 4月に完結した前作『BLUE GIANT SUPREME』(16年〜20年)では、ドイツに舞台を移した大の姿が描かれていたが、新シリーズとなる『BLUE GIANT EXPLORER』では大が、ジャズが生まれた国・アメリカの地へ降り立つ。

関連記事(外部サイト)