内藤剛志、『警視庁・捜査一課長』撮影再開 テレワーク捜査会議NG集公開へ

内藤剛志、『警視庁・捜査一課長』撮影再開 テレワーク捜査会議NG集公開へ

木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長 2020』撮影再開。本番以外はフェイスシールドを装着して収録を行っている内藤剛志(右)と塙宣之(右)(C)テレビ朝日

テレビ朝日系木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長 2020』(毎週木曜 後8:00)は18日より、新エピソードの放送再開が決定。先月21日から放送してきたテレワーク版ミニドラマをプラスした傑作選は、きょう11日が“最終回”となる。これを記念して、きょうの放送終了後、午後9時より、番組公式ツイッター(@sosaichikacho)で「テレワーク捜査本部NG集」を公開することが決定。さらに、フェイスシールドを着用して新作の撮影に臨む、内藤剛志、ナイツ・塙宣之の2ショット写真が到着した。

 ヒラ刑事から這い上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と捜査員たちの熱き奮闘を描く本作。ついに最終回を迎えるテレワーク版ミニドラマは、大岩一課長もステイホーム中という設定で、同じく在宅勤務となった小山田大介管理官(金田明夫)、運転担当刑事・奥野親道(塙)らと番組史上初のテレワーク捜査会議を行う、という内容。キャストが各自でカメラを設置しリモート撮影に臨んできた。ツイッターで公開される「テレワーク捜査本部NG集」は、慣れないリモート撮影に挑む内藤、金田、塙のお茶目なNG、ほっこり笑わせてくる。

 新型コロナウイルスの影響で、中断していた撮影は、今月1日から再開。感染拡大防止対策として、本番以外はフェイスシールドを装着して収録を行っているという。カメラを向けられた内藤は、“いいね!”ポーズで現場に戻ってきた喜びを表している。

 きょう放送の“テレワーク大岩最後の事件”は、大岩の愛猫ビビがピンチ!? テレワークで捜査会議を開いていた大岩のもとに、電話が入る。しかし、大岩は「何? 本当か!?」と驚いた後、絶句…。いつもなら、謎めいた事件のフレーズを口にする大岩が、何も言わないのはなぜなのか!? 大岩の窮地を察知した小山田管理官の指示を受け、奥野は捜査に乗り出すが…!?

 続く、『season3』(2018年)第3話は、スクランブル交差点で、男性の刺殺体が発見されるが、数多くの歩行者が横断していたはずなのに、誰一人として刺された瞬間を目撃していないという奇妙な事件が起きる。しかも、被害者は死の直前、「最高だ…」とつぶやいていたという。ナイフで刺されて生き絶える間際に、「最高」と口走るとはいったいどういうことなのか…。

 まもなく遺体の身元は、元出版社編集部員・星川草介(中林大樹)と判明。3年前に勤務先が倒産してから、星川は自費出版を持ちかけて金をだまし取る”出版詐欺”を働いていたこともわかった。

 詐欺にあった被害者のひとり、多治見透子(青山倫子)は平凡そうな主婦だったが、事情を聴いていたところ、突然、私が殺したと自供する。彼女はなぜか自宅にいたときの地味な服装から打って変わって派手な服装に変身して取り調べを受け、凶器の捜索では喜々とした表情を浮かべるのだった…。

関連記事(外部サイト)