村上弘明主演『ラストライン』濱津隆之、鳥居みゆきが出演

村上弘明主演『ラストライン』濱津隆之、鳥居みゆきが出演

6月29日放送、ドラマスペシャル 堂場瞬一サスペンス『ラストライン 刑事 岩倉剛』に濱津隆之、鳥居みゆきが出演(C)テレビ東京

29日にテレビ東京系で放送予定の村上弘明主演、ドラマスペシャル 堂場瞬一サスペンス『ラストライン 刑事 岩倉剛』(後8:00〜10:08)に、俳優の濱津隆之と、お笑いタレントの鳥居みゆきが出演することが発表された。鳥居は、撮影中、ドアのチェーンが切れてしまうハプニングに、自身のバックの持ち手を代用したエピソードを明かしている。

 同ドラマは、「刑事・鳴沢了」シリーズ、「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズ、「アナザーフェイス」シリーズなど、重厚で正統派のベストセラーを多数生み出している警察小説の旗手・堂場瞬一氏が手掛ける同名小説「ラストライン」シリーズを初めてドラマ化した本格推理サスペンス。

 主人公は捜査一課から所轄の南大田署に異動してきたばかりで定年まであと10年のベテラン刑事・岩倉剛(村上)。岩倉が特異な記憶力と勘を武器に、ラストライン=事件の最終防衛線となり、彼の相棒となるは元交番勤務の後輩刑事・伊東彩香(志田未来)や元部下の上司など、周囲の人々と共に難解な殺人事件に挑んでいく。

 濱津は、映画『カメラを止めるな!』で話題となり、今年は地上波連続ドラマの初主演や大河ドラマ『麒麟がくる』に出演するなど、目覚ましい活躍を見せている。今回の作品では、過去に殺人を犯した元暴力団員・本村健太を役で、普段のイメージとは一味違った役どころに挑戦した。

 本人も「自分がサスペンスに結びつくというイメージがあまりなく、いわゆる悪者、殺人犯を演じるのは初めてだったので、自分にやれるのかという不安はありました。銃やナイフを持ってのアクションシーンを初めて経験し、すごい方々と共演させていただき勉強になりました。とてもありがたかったです」と、コメントしている。

 一方、鳥居は、殺人容疑をかけられている男と交際しているホステス・高岩みどり役で出演。個性的なキャラクターで?優としても活躍中の鳥居が今作でも一癖あるキャラクターを熱演した。撮影中に起きたハプニングとして、「玄関を開けるシーンがあるんですけど、村上さんが勢いよく開けてチェーンが切れちゃったんですよ(笑)。チェーン無いぞ、どうするってなった時に、私が持ってきていたバッグの持ち手がたまたまチェーンで、これどうですか?って言ったら、採用してもらえて。自分の我が子が映ったみたいでとてもうれしかったです! 子役を育てたママみたいな気持ちでした(笑)」と、話していた。

関連記事(外部サイト)