「今、日本一制服が似合う男女」を発掘 第8回日本制服アワード募集開始

「今、日本一制服が似合う男女」を発掘 第8回日本制服アワード募集開始

『第7回日本制服アワード』女性グランプリは兵庫県出身の高校2年生・三原羽衣さん(C)Deview

映画やドラマ、アーティストやアイドルのミュージックビデオなどで衣装として着用されている、原宿発の人気制服ブランド『CONOMi』。今年も「今、日本一制服が似合う男女」を発掘する、第8回目の全国オーディションの募集を開始した。

 CONOMiの制服は、映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」、「小さな恋のうた」、「十二人の死にたい子どもたち」、「日本テレビドラマ「3年A組」、テレビ朝日ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」、日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン ゴチになります」「ZIP!」、au「意識高すぎ!高杉くん」Y!mobile「ワイモバ学園」のCM、AKB48や乃木坂46のミュージックビデオなど、多数メディアを問わず、幅広く衣装としても使用されている。

 グランプリ・準グランプリに輝くと、CONOMiイメージモデルとして、全国20万部発行の2021年度のカタログや、WEB、雑誌広告などで1年間活動できるほか、賞金、限定ネクタイ、リボンなどの副賞も用意。さらに『セブンティーン』『ポポロ』などの雑誌に掲載されるCONOMi広告内のモデルとしてデビューできるほか、協賛芸能プロダクションのスカウトにより、芸能界デビューの可能性もある。「かわいい制服を着たい!」「モデルに興味がある」という男女の応募を待っているという。

 過去の受賞者では矢野優花さん(第1回)がテレビ朝日「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のヒロインに抜擢されたり、マーシュ彩さん(第2回)がミスセブンティーンに選出、中村麗乃さん(第3回)がアイドルグループ「乃木坂46」に加入など、その後様々な舞台で活躍、若手モデルの登竜門的にも注目されている大会。第5回目は齋藤英里さんはCBC/TBS系 特別番組『出川澤部の見知らぬ二人が人生交換したら○○がわかった!』にて、日本の女子高生代表として出演、前回第7回目は三原羽衣さんが女子グランプリに選ばれ活躍している。

 募集しているのは現在小学6年生から高校3年生までの男女。応募の締め切りは9月30日。応募の方法はオーディション情報サイト「デビュー」に掲載されている。

関連記事(外部サイト)