有村昆、新型コロナ感染 クラスター発生の舞台『THE★JINRO』プロデュース担当

丸岡いずみの夫・有村昆氏が新型コロナ感染 山本裕典の舞台を企画プロデュース

記事まとめ

  • 映画評論家の有村昆氏が新型コロナウイルスに感染したことを所属事務所が発表した
  • 有村氏は山本裕典出演の舞台『THE★JINRO』の原案と企画プロデュースを務めていた
  • 同舞台では、山本裕典やサッシャ、榊原徹士の他、多数キャストなど感染者が続出

有村昆、新型コロナ感染 クラスター発生の舞台『THE★JINRO』プロデュース担当

有村昆、新型コロナ感染 クラスター発生の舞台『THE★JINRO』プロデュース担当

有村昆 (C)ORICON NewS inc.

映画評論家の有村昆(44)が新型コロナウイルスに感染したことを12日、所属事務所が書面で発表した。有村は俳優の山本裕典(32)が主演し、キャストやスタッフの合計12人、さらには観客も新型コロナに感染するクラスターが発生した舞台『THE★JINRO−イケメン人狼アイドルは誰だ!!−』の原案と企画プロデュースを務めていた。

 妻の丸岡いずみと長男については、これから検査を受ける予定。

 書面では「舞台の出演者から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたとの報告を受け、保健所の指示を仰ぎましたが、有村が6月30日の夜公演及び7月5日の夜公演を観劇し出演者と挨拶を交わしていたものの、その時点では濃厚接触にあたる場はなかったとの判断を頂いておりました」と経緯を報告。

 しかし、「9日夜に37℃の微熱、10日朝には38℃の熱があったため、同日PCR検査を受け大事を取って11日から都内病院に入院。本日12日に陽性が確認されました。現在も熱があるため入院中です」と明かした。

 今後は「病院・保健所の指示を仰ぎながら治療に専念するとともに、私どもとしましては、より一層の拡大防止に努めてまいります」としている。

 同舞台ではすでに発表されている山本やナレーターのサッシャ(43)、俳優の榊原徹士(30)のほか、多数のキャスト・スタッフ、さらには観客にも新型コロナウイルスの感染者が続出。舞台公式サイトは10日、保健所より全キャスト及び全スタッフが濃厚接触者と指定され、自宅待機の指示があったことを明かし、「新型コロナウイルスの陽性反応が確認されました出演者とスタッフは合わせて12名となっております」と報告しているが、その後も感染者が増えている。

関連記事(外部サイト)