レースクイーン大賞・霧島聖子も貫録ボディで参戦 『ミスFLASH2021』候補お披露目

レースクイーン大賞・霧島聖子も貫録ボディで参戦 『ミスFLASH2021』候補お披露目

レースクイーン・霧島聖子

次世代を担うアイドルを発掘する、光文社主催のグラビアコンテスト『ミスFLASH2021』の候補者50人のうち45人が11日、光文社でお披露目された。

 今年15回目を迎える老舗コンテスト。今回は新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、お披露目でもソーシャルディスタンスを保ち、集合写真撮影を行わないなどの配慮がなされた。

  候補者には現役グラビアアイドルからアイドルグループのメンバー、女優、タレント、雑誌モデル、そして一般の大学生まで幅広いメンバーが集合。「日本レースクイーン大賞2019」で大賞を受賞した霧島聖子(28歳)は白ビキニで貫録のボディーを披露。「水着の撮影をしたことがきっかけで、グラビア活動をしたいと思い応募しました」とグラビア界の賞レースに参戦したきっかけを語った。

 今年は新型コロナ対策のため、選考はオンラインを中心に展開。この50人から選考を経て、来年1月にグランプリ数名を決定する。グランプリは写真週刊誌『FLASH』(光文社)を中心にグラビア活動などを行う。

関連記事(外部サイト)