Aqours『ヤンジャン』表紙&ぶち抜きグラビア パジャマ、夏制服、白ワンピで魅了

Aqours『ヤンジャン』表紙&ぶち抜きグラビア パジャマ、夏制服、白ワンピで魅了

『週刊ヤングジャンプ』33&34合併号の表紙を飾ったAqours(上段左から)鈴木愛奈、諏訪ななか、小宮有紗(中段左から)斉藤朱夏、伊波杏樹、逢田梨香子(下段左から)高槻かなこ、小林愛香、降幡愛 (C)集英社/佐藤佑一・カノウリョウマ

『ラブライブ!サンシャイン!!』から誕生したスクールアイドルグループ・Aqoursが、16日発売の『週刊ヤングジャンプ』33&34合併号(集英社)の表紙に登場。1年半ぶりのカバーだけではなく、今回も巻頭・センター・巻末グラビアの一冊ぶち抜き特集となっている。

 伊波杏樹、逢田梨香子、諏訪ななか、小宮有紗、斉藤朱夏、小林愛香、高槻かなこ、鈴木愛奈、降幡愛の9人は、巻頭のグラビアでは“おうち時間”を思わせるパジャマ姿で登場。ベッドに寝転んだり、ソファでくつろいだりと、思い思いの格好でくつろぐキャストの姿が楽しめる。

 センターグラビアでは定番の夏制服、そして巻末グラビアでは、風船を敷き詰めたふわふわガーリーな世界観の中で、真っ白なワンピースをまとい、キュートな笑顔を見せている。

 22日には、AqoursのドームツアーテーマソングCD 『Fantastic Departure!』が発売。今回はそれを記念して、ラブライブ!シリーズ史上初の「キャスト着せかえCDジャケット」をヤングジャンプ本誌に封入。Aqoursのキャストの写真を配置した豪華3面仕様で、ファン必携のアイテムになっている。

 また、同誌の裏表紙ラスト連載『お絵かき坂道』第11回では、『干物妹!うまるちゃん』『メイド・イン・ひっこみゅ〜ず』の作者のサンカクヘッド氏が描く、欅坂46の森田ひかる。欅坂46次期エースのひとりとも言われる、小柄でかわいらしいビジュアルと大きな瞳がチャームポイントのるんちゃんを、少し不思議な世界観でサンカクヘッド氏らしく描き下ろした。

関連記事(外部サイト)