『世界はほしいモノにあふれてる』再放送&HPで三浦春馬さんを追悼

『世界はほしいモノにあふれてる』再放送&HPで三浦春馬さんを追悼

NHK総合『世界はほしいモノにあふれてる』7月18日に亡くなった三浦春馬(右)さんを追悼 (C)ORICON NewS inc.

今月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)が出演中のNHK総合『世界はほしいモノにあふれてる〜旅するバイヤー極上リスト〜』が21日午前1時から予定どおり放送され、冒頭で「番組MCを務める三浦春馬さんが亡くなりになりました 謹んで 哀悼の意を表します」と、テロップで追悼した。

 番組は、16日に放送された「マルタ&フランス 麗しの手仕事SP」の再放送。ファッション、グルメ、インテリア、雑貨などを買い付けるバイヤーたちの肩ごしに世界中を旅する気分を味わえる紀行番組で、2018年4月に三浦さんと歌手のJUJUをMCに起用してスタート。現在は、毎週木曜午後10時半から放送されている。

 公式ホームページにも「番組からのメッセージ」として、追悼文を掲載。

 「番組開始からMCをつとめる三浦春馬さんがお亡くなりになりました。ときには自らも旅に出て、世界中のすてきなモノ、そして、それを生み出す職人・デザイナーたちと出会い、その魅力を優しく温かな目で、誠実な言葉で伝えてくれました。ここに、心からの感謝と哀悼の意を表します。 世界はほしいモノにあふれてる 一同」。

 なお、23日は祝日編成のため休止。30日放送予定の次回予告にも三浦さんの姿が映っていた。

 「#世界はほしいモノにあふれてる」とともに投稿されたツイッターには、「笑ってる彼がいるのに。もういないなんて...いまだに信じられない」「テレビの向こうで、優しく笑ってる。。何だかまだ信じられない…。」など、視聴者の「信じられない」という気持ちがあふれていた。

 三浦さんは1990年4月5日生まれ、茨城県出身。1997年にNHK朝の連続テレビ小説『あぐり』でデビュー。映画『恋空』で『日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞。その後、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』、『ごくせん』等で一気に知名度をあげる。2017年にはNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも出演。映画『君に届け』、『永遠の0』、『進撃の巨人』、『銀魂2 掟は破るためにこそある』など多くの話題作に出演していた。

関連記事(外部サイト)