林マオ『ミヤネ屋』卒業で涙「たくさんの経験をさせていただきました」

林マオ『ミヤネ屋』卒業で涙「たくさんの経験をさせていただきました」

『情報ライブ ミヤネ屋』を卒業した林マオアナウンサー (C)読売テレビ

読売テレビの林マオアナ(35)が、7月31日をもって同局の報道情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(月〜金 後1:55〜3:50)を卒業した。番組ラストには、涙ながらに番組への感謝を伝えた。

 司会の宮根誠司から花束を受け取った林アナは「あっという間なんですけど、5年半よく持ったなと思います。『ミヤネ屋』を担当して最初の1ヶ月で、もう無理だなと思ったこともあったんですけど、ここまで続けてこれたのも宮根さんがイジってくださったお義母さんをはじめ、家族の支え、こんな私を温かく支えてくれたスタッフの皆さん、ゴジラみたいに暴れまわる宮根さんとともに生放送の番組でいろんなニュースをお伝えさせてもらって、本当にいい経験、たくさんの経験をさせていただきました」と語り、感慨深げな表情を浮かべた。

 宮根から「感極まっているのは、感動の涙なのか、いよいよ姑と向かい合わないといけないという涙なのか…。きょうも(スタジオに)来てんねん!」と、番組恒例“嫁姑イジり”を受けつつ、「今まで本当にありがとうございました! これからも『ミヤネ屋』をよろしくお願いします!」と笑顔で番組を締めた。

 2015年3月より5年半務めた林アナに代わり、8月3日からは澤口実歩アナ(24)が新MCとして登場する。澤口アナは「来週からしっかり情報を伝えて参りますのでよろしくお願いいたします!」と元気いっぱいにあいさつしていた。

 同番組は、06年7月末に関西ローカルでスタートし、大阪・読売テレビのスタジオから生放送。08年春改編より日本テレビでも放送が開始され、全国放送となっている。新MCの澤口アナは岩手県出身で、慶應義塾大学を卒業後、2018年に入社。趣味は「焼き鳥屋さんめぐり」で、特技は「水泳」「ゴルフ」となっている。

関連記事(外部サイト)