アインシュタイン稲田、顔面イジリに注意 アゴのとんがり指摘「恥ずかしいので…」

アインシュタイン稲田、顔面イジリに注意 アゴのとんがり指摘「恥ずかしいので…」

アインシュタイン・稲田直樹

お笑い芸人・濱家隆一(かまいたち)、稲田直樹(アインシュタイン)、ゆりやんレトリィバァが3日、オンライン上で行われた、新感覚エンタメショー『THE EMPTY STAGE GRAND 5th Anniversary』の取材会に参加した。

 これは、台本なし、道具なし、『即興』をテーマにした「One-Man Talk Show(一人喋りショー)」と、アメリカ最大級のコメディー集団「The Second City(セカンドシティ)」の即興コントメソッドを持ち込んだ「新ジャンルの即興コントショー」の2部で構成されたショーで、オンライン公演が開催される。(期間6日〜16日まで)

 芸人がその身一つで舞台に立ち、たった一人で繰り広げる『One-Man Talk Show(一人しゃべりショー)』には、千原ジュニア、ケンドーコバヤシら多くの芸人が出演。『IMPROV SHOW featuring The Second City(即興コント)』には、「吉本坂46」でもアーティストとしてパフォーマンス能力を磨いているスパイク、レインボーらが参戦する。

 以前、同ショーに出演経験があるゆりやんは「お題に沿った話をするという、楽しかったのですが難しかったです」、濱家は「前回は『どんな感じになるのか?』とわからなかったのですが、やってみて意外と楽しくできたという感じです。特に緊張もせず、久々のライブでしたので楽しくできました」と回顧。

 続けて濱家は「今回は配信ということで不安ではありますが、ウケてもスベってもあんまりわからないので、そこは気にしなくてもいいのかな?と思っています」とし、「お客さんがいない場所でのトークライブですので、観客のリアクションがわからないので(心が)折れたら終わりだなと思っています。そこだけ注意したいです」と意気込んだ。

 初出演となる稲田は、ほかの芸人に同ショーの雰囲気を聞いたそうだが「聞く人によって意見が違うんですよね。つまりフリーと言うことなのですが…。聞かなければよかったというくらいで、みなさん言うことが違うので、どういうモチベーションで(本番)いけばいいのかわからなくなりました」と不安を口にした。

 しかし「(ライブに)出るからには優勝したいと思います! え? そういうの(賞レース)ないんですか? ま、一番面白かったなと言われるように頑張ろうと思っています。ま、常にそうですけどね!」とドヤ顔。濱家は「とんがっているな〜。とんがっているのはアゴだけにしておけ!」とツッコミを入れると、稲田は「顔をイジるのはなしでお願いします。恥ずかしいので…」と赤面していた。

関連記事(外部サイト)