立川志らく、PCR検査は陰性 『グッとラック!』で発表、きょうの放送は「大事をとってお休み」

立川志らく、PCR検査は陰性 『グッとラック!』で発表、きょうの放送は「大事をとってお休み」

立川志らく (C)ORICON NewS inc.

落語家の立川志らく(56)が新型コロナウイルスのPCR検査で陰性と診断されたことが5日、MCを務めるTBS系『グッとラック!』(月〜金 前8:00)で発表された。

 志らくは3日に37.5度の発熱があり、4日にはレギュラー出演する同番組と『ひるおび!』(月〜金 前10:25)を欠席。PCR検査を受けたことが番組内で伝えられていた。

 番組冒頭、国山ハセンアナが「昨日、志らくさんのPCR検査の結果が出ました。結果は陰性です」と発表。「何より本当に良かったなと思うんですが、今日は大事をとってお休みということです。すぐに元気なお姿、見られると思うんですが、代わりにこんなものを用意しました」と、志らくの等身大ボードが用意された。

 国山アナは「今日はお伝えするニュースの中で、志らくさんのご意見をフリップでご紹介する形をとっていきます。志らくさんがどう思っているのかっていうのを事前に私たち聞いてますので、そのあたりも注目してもらえればと思っております」と伝えた。

 また、志らくが5日、自身のツイッターを更新。「PCR検査とCTの検査を受けまして運良く陰性でした。本日は念のため、グッとラック、ひるおびはお休みさせて頂きます」と報告。「グッとラックは代わりに私の等身大の人形がお相手します。皆様にご心配をおかけしました」としている。

関連記事(外部サイト)