ムロツヨシ、来春にトラック野外公演を開催 コロナ禍でも“ポジティブ思考”貫く

ムロツヨシ、来春にトラック野外公演を開催 コロナ禍でも“ポジティブ思考”貫く

ムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.

俳優のムロツヨシが10日、日本テレビ系報道番組『news zero』に出演し「来年4月に野外公演として“トラック公演”をやります」と発表した。

 主演を務める同局系連続ドラマ『親バカ青春白書』(毎週日曜 後10:30)が13日に最終回を迎える。コロナ禍のなか、無事にクランクアップし「撮り終えられたことがまずよかったなと。ちょっと涙が流れてしまうような状況でした」と振り返った。

 撮影現場では多くの制約が設けられたが、下積み時代に培った“ポジティブ思考”を発揮し「弱音は吐きたくなりますが、かといって弱音を吐いて変わることはないので、すべてできるだけ早く受け入れて、プラス要素を探すようにしています」と前を向いた。

 発表した野外公演については「トラックが来て、バーって開いて、お芝居が始まります。『みんな気をつけて、距離とって』『始まるよ』『終わるよ』。びゅーんって閉まります。簡単に言うとそういうことです」と説明し「もちろん本当は劇場さんとやりたいのですが、皆さんが不快な、もしくは皆さんに『だから言ったじゃん』と言われないように、何かやり方、方法、公演をやりたいなと思っております」と話した。

関連記事(外部サイト)