内木志、初写真集でランジェリー姿解禁「お尻がスケスケに…」 元48グループドラフト1期生が制度に感謝

内木志、初写真集でランジェリー姿解禁「お尻がスケスケに…」 元48グループドラフト1期生が制度に感謝

1st写真集『こころまち』を発売した内木志 (C)ORICON NewS inc.

2013年に行われた『第1回AKB48グループドラフト会議』でNMB48 チームBIIに指名され、以降はNMB48のメンバーとして活動していた内木志(23)。昨年に同グループを卒業し、現在は女優としてキャリアを積んでいる。そんな内木が11日に1st写真集『こころまち』(双葉社)を発売。ORICON NEWSは内木にインタビューし、解禁したランジェリーカットなどの写真集のポイントや、元ドラフト生として制度に対する思いを聞いた。

■初のランジェリーカット解禁「実際にはけるぐらいの女性に…」

――写真集の発売おめでとうございます。

【内木】ありがとうございます! 『こころまち』は地元の滋賀県で撮影をしていただきました。琵琶湖や八幡堀、近江鉄道でも撮っていただきました。あとは自分の実家でも撮影したので、そこは見どころです。

――実家での撮影はいかがでしたか?

【内木】新しかったですね(笑)。まさか、東京からいろんな機材を持ち込んで、いろんな方が撮りに来てくれるなんて…。不思議な感じでした。両親は「ケータリングとか用意したらいい?」と気を使っていて、バタバタしてました(笑)。

――お気に入りのカットは?

【内木】実家でスイカと一緒に写っているカットですね。『サザエさん』みたいな感じで(笑)。カメラマンさんがハチに刺されそうになりながら撮っていただきました。みんなで「危ない!」ってなりながら楽しかったですね。

――セクシーな写真もあります。

【内木】めちゃくちゃお尻がスケスケになってますね。でも、このランジェリーがかわいくて買いました(笑)。恥ずかしいというより、実際にはけるぐらいの女性になりたいなって思いました!

――点数をつけるとしたら何点ですか?

【内木】難しいですね…。55点ぐらいかな。自分があまり好きじゃないんですよ…。でも、背景とか衣装とかカメラマンさんの技術とかは素晴らしいので、やっぱり100点でお願いします(笑)。

――NMB48卒業から1年が経過しました。

【内木】生活はガラッと変わりましたね。団体行動で周りに若い子がいっぱいいたんですけど1人になって意識が変わりましたね。1人で生きていかないと、と思って、しっかりしなきゃと思って。今は必死ですね。

――何が1番、変わりましたか?

【内木】生活リズムですかね。ほぼ毎日、何かの活動がありましたし。週3回ぐらい公演があったので踊らなくなった分、体力はなくなったかもです。今、思うと、よくあそこまで踊れていたなと思います(笑)。

――NMB48の活動を振り返って

【内木】楽しかったです。ミュージックビデオの撮影はめっちゃ好きでした。ダンスも好きなのでライブも楽しかったという思いですね。

――ドラフト1期生としてNMB48に加入しました。改めてドラフト制度は、どんな制度でしたか?

【内木】私はドラフトで入ってよかったと思っています。研究生時代がなかったんですけど、ないからこそ先輩に負けないように即戦力として頑張らなきゃと思っていました。ドラフトでNMB48に入った4人は団結力がありましたね。今も4人、仲がいいです。

でも、りりぽん(須藤凜々花さん)は山にこもっているらしくて電波が届かなくて、4月に誕生日の手紙をもらってから最近は連絡が取れてないですね(笑)。磯(佳奈江)ちゃんは東京にいるので、めちゃめちゃ連絡取ります。磯ちゃんの写真集にも参加させてもらったり、一緒に美容室に行ったりしてます。卒業の時期も写真集発売の時期も一緒なので『運命だね』って話して合ってます(笑)。ドラフトで入って後悔はないですね。

■今後は女優に 顔が見えなくても「貞子役をやってみたい」

――今後は演技を中心に活動します

【内木】ドラマや映画で変わった役をやりたいです。『貞子』の貞子役とかやってみたいです。顔は見えなくてもいいので(笑)。あとは、大学生とかもやってみたいです。大学に行ったことはないので、役で経験してみたいです。

――憧れの存在は?

【内木】堀内敬子さんです。優しいお母さんの役が、めちゃめちゃステキ。あのほんわかした雰囲気を出せたらなって思います。あとは天海祐希さんです。かっこいい女性で、あんなキリッとした表情ができるようになりたいですね。演技派と呼ばれるような女優になりたいと思っています。

――演技以外の仕事でしてみたいことは?

【内木】モデルにも昔から憧れがあったので、写真集が出せてすごくうれしかったです。自分には写真集が出せないと思っていました。その分、お話をいただけて、めちゃめちゃうれしかったです。これから、どんどん欲を出して雑誌とかに載れるようになりたい。出てみたいのは『NYLON JAPAN』。普段はしないような派手なメイクや服装をしてギャップを見せたいですね。

――最後に改めて『こころまち』のPRをお願いします

【内木】滋賀県のきれいな景色が見どころです。実家にいる自然な私と、初めてのランジェリー姿を見てほしいなって思います!

■内木志(ないき・こころ)プロフィール
 1997年4月6日、滋賀県生まれ。2013年に『第1回AKB48グループドラフト会議』において、NMB48 チームBIIに第2巡目で指名される。NMB48の16thのシングル「僕以外の誰か」で、シングル表題曲メンバー初選出。2019年7月4日、同グループを卒業することを発表。8月19日に卒業公演を行った。卒業後は俳優として活動し、舞台を中心に出演。鹿児島県の「ヨロン島特命大使2020」としても活動している。12日には、東京・神保町の書泉グランデで写真集発売記念サイン会も行った。

関連記事(外部サイト)