安藤咲桜“多趣味なオタク”ぶりをグラビアで表現 メイド風水着も披露

安藤咲桜“多趣味なオタク”ぶりをグラビアで表現 メイド風水着も披露

『週刊ヤングマガジン』第42号に登場する安藤咲桜(C)岡本武志 /ヤングマガジン

アイドルユニット「つりビット」元メンバーの安藤咲桜(19)が、14日発売の『週刊ヤングマガジン』42号(講談社)の巻末グラビアに登場。ピュアな魅力にあふれる色白美少女が、“多趣味なオタク”ぶりをグラビアで表現した。

 安藤は「つりビット」を経て、現在はソロタレントとして女優やグラビアなどマルチに活動。同誌初登場となった今回は、公式サイト「ヤンマガWeb」で編集部が注目するタレントを1ヶ月かけて深堀りプッシュする企画「グラビアちゃんはバズりたい」との連動グラビアとなった。

 「バズる」をテーマに、安藤のハマっていることにからめて撮り下ろし。フレッシュな白ビキニ、アクティブな黄色のビキニ、さらにはメイド風のコスプレ水着など、さまざま水着姿を披露した。

 また、同号の表紙と巻頭グラビアはフリーアナウンサーの鷲見玲奈、センターグラビアには「ミスマガジン2019」グランプリの豊田ルナが登場する。

関連記事(外部サイト)