珠麟-しゅりん-〈日南響子〉、伝説的レーベルBETTER DAYSよりミニアルバム「真っ白。」リリース

珠麟-しゅりん-〈日南響子〉、伝説的レーベルBETTER DAYSよりミニアルバム「真っ白。」リリース

ミニアルバム「真っ白。」をリリースする珠麟。

珠麟-しゅりん-〈日南響子〉が、名門“BETTER DAYS”レーベルより6曲入りのミニアルバム「真っ白。」を、11月18日(水)にリリースすることが決定した。

 “BETTER DAYS”レーベルは、かつて坂本龍一、渡辺香津美、清水靖晃、カラード・ミュージックなどのアーティストを擁し、先鋭的なアプローチと圧倒的なクオリティで70年代から80年代を駆け抜けた伝説的なレーベル。創設40年以上経った現在でも、国内だけでなく海外からも注目を集めている。

 珠麟-しゅりん-は2013年より活動をスタート。ボーカル・作詞・作曲・編曲・楽器演奏、楽曲のミックスやマスタリング、アートワークデザインまでを手掛けマルチな才能を発揮。和モダンをモチーフにした絢爛豪華で独特な世界観を発信し続けている。

 今作は、園子温監督のNetflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』のエンディングテーマとして話題になった「さよならミッドナイト.」やGS風のギターをフィーチャーした黄金の昭和歌謡、レトロかつクールで豪快な歌謡ロック・サウンドを収録。歌唱力の高さのみならず、メロウな歌声で、表現力の幅広さを感じさせる作品となっている。

◆プロフィール
1994年2月6日生まれ、愛知県出身
2006年、雑誌『ニコラ』の第10回モデルオーディションでグランプリを受賞。
2010年、ドラマ『ハンマーセッション!』(TBS)で女優デビューし、2011年4月より、女性向けファッション雑誌『non-no』の専属モデルとして活動。
2011年公開のサスペンススリラー『七つまでは神のうち』で銀幕デビューにして、初主演,主題歌の「Save me」を担当。2012年には、特撮ドラマ『非公認戦隊アキバレンジャー』には初代アキバブルーとして出演し、絶世の美少女として話題に。美貌や演技力だけでなく歌唱力にも定評があり、
2013年より珠麟 -しゅりん-という名前でアーティスト活動を行っており、詞曲の創作からDTMを使って編曲も手掛け、和モダンをモチーフにした絢爛豪華な花魁世界を発信し続けている。
2019年には、園子温監督のNetflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』で、約3,000人のオーディションからヒロインに抜擢され、珠麟 -しゅりん-としてエンディングテーマ「さよならミッドナイト.」も歌唱。
2020年、主演を務める「銃2020」が公開。同年11月にBETTER DAYSレーベルよりミニアルバム「真っ白。」をリリース。

関連記事(外部サイト)