フジ宮司愛海アナ、人気占い師の耳が痛くなる指摘に「泣きそう」

フジ宮司愛海アナ、人気占い師の耳が痛くなる指摘に「泣きそう」

21日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(C)フジテレビ

フジテレビの宮司愛海アナが、21日放送のフジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか?』(毎週水曜 後10:00)に出演。博多の人気占い師・木下レオンから、さまざまなことを言い当てられる。

 あいさつを交わすと、2人とも福岡市早良区の出身だということが判明し、早くもトークは盛り上がるが、いざ占いが始まると、レオンは宮司アナの鼻の下のホクロを指して「男を見る目がない相」と、いきなりのネガティブ発言。不安げな表情を浮かべる宮司アナだったが、続けてレオンは、彼女の「勝ち気で負けず嫌い」な性格や、小・中・高と学級委員長を務めていた過去を次々と見抜き「あなたは自分の力で運命を切り開いてきた」と賛辞を送る。

 結婚運を見始めると、再び怪しい雲行きになり「甘えん坊の男性に惹(ひ)かれがち」「仕事と恋の両立が下手」など、本人も耳が痛くなるような指摘が続き、宮司アナは「やばっ…泣きそう…」とつぶやく。現在、スポーツニュース番組『S-PARK』のメーンキャスターを務める宮司アナが「スポーツというジャンルは自分に向いているのか」について相談すると、レオンは仕事運には恵まれていると太鼓判を押した上で「今が転換期。今後3ヶ月の取り組みで、この先の10年が決まる」と断言する。

関連記事(外部サイト)