浜田雅功、新セットに「すごない!?」 『トリニクって何の肉!?』リニューアル

浜田雅功、新セットに「すごない!?」 『トリニクって何の肉!?』リニューアル

『そんなコト考えたことなかったクイズ トリニクって何の肉!?』10月20日放送分からリニューアル (C)ABC

ABCテレビ・テレビ朝日系で放送中の『そんなコト考えたことなかったクイズ トリニクって何の肉!?』(毎週火曜 後9:00〜9:54)が、きょう20日放送分から、内容&セットをリニューアル。クイズに挑むメンバーは16人。これまでのクイズの成績から「優等生」4人、「劣等生」5人、珍解答を連発してきた「モンスター」4人に加えて、東京大学出身者3人の「トリニクの神」も参戦し、16人による「トリニクダイヤモンド」を結成。常識問題から超難問までバラエティーに富んだクイズが登場する。

 新たなセットには、「トリニクダイヤモンド」にちなみ、ダイヤモンドの形を模したド派手な解答席を導入。司会の浜田雅功(ダウンタウン)は、収録スタジオに入るなり、「なにこのセット! すごない!?」と一言。「出演者の皆さんも『なにー!』って言いながら入ってきましたからね。このセットについて1時間語り合おか!」という提案も飛び出すほどだ。

 トリニクダイヤモンドの席順は成績順に上段奥から配置されており、最下段のトリニクモンスターが一番前に。浜田は「なんでアホが一番前に…」と不服そうだが、モンスターのひとり渋谷凪咲(NMB48)は「モンスター席にデザインされたウンコのパネルが屈辱です」と負けていない。

 リニューアル1回目となる20日の放送では、「超絶ムズイ難読漢字」、「世界を驚かせた日本の偉人」、「ランキング1位 日本の建造物」のテーマから『トリニク』ならではの一般常識問題から超絶難問までが出題されていく。その問題とは全員が挑戦する超難問と「トリニクの神」、「優等生」向けの難問、「劣等生」、「モンスター」向けの少し難しい問題の3パターン。超難問では、漢字で「長尾驢」と書く生き物を答えるなど、東大出身者の豊富な知識が試されつつも、劣等生やモンスターの中から正解が飛び出すまさかの展開も。

 そして、プレゼンターたちは “漢字一文字文字”のヒントを出しながら全員正解を徹底サポートする役回りに。ヒントがほとんどそのまま正解になってしまい、浜田が「これ、正解書けてまうやん! こんなクイズ番組ある!?」と苦笑いを見せる一幕も。「ヒントの…、漢字が…、読めない!」と言うケースもあり、クイズ番組の想定を超えた予想外の展開も見どころとなる。

■10月20日放送分の出演者

司会:浜田雅功
アシスタント:ヒロド歩美(ABCテレビアナウンサー)

トリニクダイヤモンド(※50音順):青木滉平(少年忍者)、五十嵐美樹、岡副麻希、柏木由紀(AKB48)、河西歩果、木瀬哲弥、渋谷凪咲(NMB48)、霜降り明星、千賀健永(Kis-My-Ft2)、ダレノガレ明美、生見愛瑠、森田舜、ゆきぽよ、ゆぴぴ、横川尚隆

プレゼンター(※50音順):市川右團次、陣内智則、タカアンドトシ、千原ジュニア

関連記事(外部サイト)