岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

ナインティナイン (C)ORICON NewS inc.

お笑いコンビのナインティナイン・岡村隆史(50)が、22日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)で、かねてから交際していた一般女性と「ストレートに結婚しました」と生報告した。相方の矢部浩之(49)が、明けて23日に誕生日を迎えることから、コンビの年齢が”99”になる節目の日での”うれしいお言葉”となった。

 矢部からのトスを受けて、岡村が結婚を報告。「どうしてもラジオで伝えたいということがありまして。お話できないことがずっとありまして。きょうまでなんとか、リスナーのみなさんに一番に伝えたいと…」と話しながら、aikoも「すごいですよ」とうれし涙を流した。リスナーから好きな手料理について聞かれると「そうなんですよ、本当にいろいろ作ってくれるんですが、すごくこだわっているのが、厚焼き玉子ですね」と恥ずかしそうに話した。

 その後「奥さんは有名人で誰に似ていますか?」との質問には、矢部が「私もお会いしたことないので、写真も見てないかな」と話す中、岡村は「あんまり写真も撮らない方なので。誰に似ているとかわからないな」とデレデレ。妻との呼び方については「下の名前でさん付けで。下の名前で呼ぶことがなかったものですから。(妻は)普通に『岡ちん』って言います」と明かした。

 結婚の決め手については「真面目な話ですけど、ここ半年くらい本当に支えてもらったんです。ラジオで失言してしまったことあったんですけど、叱ってくれたし支えてくれたし、本当に助けてもらったっていうのが大きいと思います」と回顧。プロポーズの言葉については「普通すぎて申し訳ないんですけど『結婚してください』と。駐車場で。お付き合いしてくださいっていう言葉をかけてないんです。ご飯とかを食べているうちに…。知り合ったのは10年くらいで…」となれそめを話した。

 今回の電撃婚報道を受けて、芸人仲間からは祝福の声が相次いで寄せられ、東野幸治は自身のツイッターで「岡村おめでとう!みんなオールナイトニッポンこの後聴いて! 矢部いろいろ聞いて! 俺は寝るけど! おめでとう!」とツイート。千鳥・ノブも「えー!! 岡村さん!! おめでとうございます!! ラジオ聴こうー!!」とつぶやく中、よゐこの有野晋哉は「あいこまん(aikoの愛称)こんな夜に何 ラッキョ食わせとんねん #ナインティナインANN やる事あるやろ」「ブルーデイジーくれ」と愛あるツッコミのツイートをしており、裏番組のTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00)の冒頭でも、おぎやはぎの2人が「オレたちも聞きたい」「電話したい」と祝福のコメントを寄せた。

 岡村が審査委員長を務める『岡−1グランプリ』で、2年連続優勝という好成績を収めているミキの昴生も「矢部さんおるのにどないなってんねん!! 50なんてどうでもええ!! 詳細語れ!!」とツイッターで呼びかけている。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

◆岡村隆史(おかむら・たかし)1970年7月3日生まれ。大阪府出身。1990年4月に高校のサッカー部の後輩・矢部浩之とナインティナインを結成。1992年「ABCお笑い新人グランプリ」、93年「上方お笑い大賞」受賞。俳優として『岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS』で97年「ブルーリボン賞・新人賞」、『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』で2011年「日本アカデミー賞・話題賞俳優部門」を受賞。

関連記事(外部サイト)