生島ヒロシ、小林麻耶の契約終了は「本当に残念」 ラジオで“グレートリセット”呼び掛け

生島ヒロシ、小林麻耶の契約終了は「本当に残念」 ラジオで“グレートリセット”呼び掛け

小林麻耶(C)ORICON NewS inc.

フリーアナウンサーの生島ヒロシ(69)が13日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ『生島ヒロシのおはよう定食/一直線』(月〜金曜 前5:00)に生出演。12日に自身が会長を務める生島企画室と契約終了になったフリーアナウンサーの小林麻耶(41)について触れた。

 生島は番組の途中で「今日はですね、これは避けて通れないと思うんですけど、スポーツ新聞にそれぞれ表現は違うんですが、我々の事務所としては(小林との契約を)解除しましたので…」と言及。「かなり厳しい表現の見出しもありますけれども、なかなか正常なマネジメント業務が難しくなってしまったということで、契約終了ということになってしまいました。本当に残念な形になってしまいましたね」と思いを吐露した。

 小林がTBS系『グッとラック!』(月〜金 前8:00)を降板したことについて、生島は「本当にお世話になったTBSテレビのスタッフ、特に『グッとラック!』のスタッフは麻耶ちゃんに対する期待も大きかったんですよね」と告白。「いろいろな状況も考えて、プロデューサーの方も配慮してくださって、スタッフも努力してたんですけど。どうしてこういう展開になってしまったのか。僕は細かいことは実際、本当に(報告を)受けてなかったんですよ」と明かした。続けて「僕に知らせると、かえって心配をかけるだろうという事務所の配慮だったと思うんですけど、結局、電撃降板という形になってしまいました」と残念がった。

 また、小林が12日に自身のYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」で番組欠席について言及した件に触れ、「ちょうど僕は(ラジオの)生放送中ですから、知らなかったんですけど…」と前置きし、「YouTubeのスタートに関してはあまり聞いてなくて。内容は後から知ったんですけど、そこまで言うのかなと驚いちゃいました」と困惑気味に語った。

 「ただ、非常に才能がありますし、生放送における瞬発力であったり、アナウンサーとしての可能性はすごく大きいものがあるので、今のままだと僕なんかも残念で残念で仕方がないんですけど」と本音を伝えた。そして、来年のダボス会議のテーマが「グレートリセット」と紹介し、「前向きな形でリセットしていくのがキーワードらしいんですけど、まさに今の麻耶ちゃんにはグレートリセットを望みたいと思います」と呼び掛けた。

関連記事(外部サイト)