フワちゃん、流行語トップ10に選出され喜び 大忙しの1年も「遊んでるみたい」 大人の流儀も披露

フワちゃん、流行語トップ10に選出され喜び 大忙しの1年も「遊んでるみたい」 大人の流儀も披露

フワちゃん (C)ORICON NewS inc.

その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2020 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)トップ10に「フワちゃん」が選出された。授賞式には芸人でYouTuberのフワちゃんが出席。破天荒すぎるスピーチで笑いを巻き起こした。

 おなじみスタイルで授賞式に登場すると「まずスピーチの前に自撮りするね」と1枚。さらに「スピーチしていいの? これ何分尺のスピーチなの?」と自由気まま。「私が2020年のリーダーになっちゃったってことだから、マジでうれしい」と笑顔全開だった。

 フォトセッションでは、Y字バランスを披露したり、芸人のヒロシをイジったりと、“らしさ”を存分に発揮。カメラマンに「あとで写真送って! 盛れてるヤツだけしかいらない」とおねだりしていた。

 その後、取材に応対。「ちょ〜うれしい。2020年をフワちゃんがけん引しちゃった。名誉。オナー」と英語も交えて喜びを報告。また、ネタではなく、個人名での受賞となったことについては「意味分かんない。なんでフワちゃんだけ名前なんだろう、超うれしいよね」とご満悦だった。「今年、初めて芸能界に来たけど、新しい友だちもできた。『フワちゃん、忙しいでしょ』って聞かれるけど、毎日、遊んでるみたいで楽しかった」と大忙しの1年も満喫。「2020年はいろんな大御所と友だちとなった。(明石家)さんまも(ビート)たけしも(黒柳)徹子も小池ゆりこも、みんな写メ撮った。みんなと友だちになれて楽しかったから2021年は海外のマブダチを作りたい。キャメロン・ディアスとロバート・デ・ニーロとオードリー・ヘップバーン」と壮大すぎる野望を掲げていた。

 また、10月からTBS系『グッとラック!』に出演しているため、同番組のスタッフから「『グッとラック!』のおかげですか?」という質問が。フワちゃんは「わかった、わかった。もう私も、いち社会人だから言っといてあげるよ。『グッとラック!』さんのおかげです」と大人の流儀も披露していた。

 選考委員は、姜尚中氏(東京大学名誉教授)、金田一秀穂氏(杏林大学教授)、辛酸なめ子氏(漫画家・コラムニスト)、俵万智氏(歌人)、室井滋氏(女優・エッセイスト)、やくみつる氏(漫画家)(50音順)と、大塚陽子氏(「現代用語の基礎知識」編集長)となっている。

 トップ10にはそのほか、「愛の不時着」「あつ森(あつまれ どうぶつの森)」「アベノマスク」「アマビエ」「オンライン○○」「鬼滅の刃」「Go To キャンペーン」「ソロキャンプ」が選出され、“年間大賞”には新型コロナウイルスの感染防止を目的とする新概念、新習慣の「3密」が輝いた。

関連記事(外部サイト)