『新語・流行語大賞』2020、コロナ禍で芸人不遇の年に やくみつる氏が推すぼる塾も落選「心の糧だった…」

流行語大賞候補の『まぁねぇ〜』を聞いたことがないという人にやくみつる氏が反論

記事まとめ

  • 流行語大賞に『3密』が選ばれ、トップ10に『あつ森』『鬼滅の刃』などが選出された
  • ノミネート語の『まぁねぇ〜(ぼる塾)』には聞いたことがないという声も出ていた
  • それに対し、やくみつる氏は「何を見ていた」と反論し「ぼる塾は私の心の糧」と述べた

『新語・流行語大賞』2020、コロナ禍で芸人不遇の年に やくみつる氏が推すぼる塾も落選「心の糧だった…」

『新語・流行語大賞』2020、コロナ禍で芸人不遇の年に やくみつる氏が推すぼる塾も落選「心の糧だった…」

『2020 ユーキャン新語・流行語大賞』発表会に出席したやくみつる (C)ORICON NewS inc.

その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2020 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が1日に発表され、“年間大賞”に「3密」が輝いた。トップ10には「愛の不時着」「あつ森(あつまれ どうぶつの森)」「アベノマスク」「アマビエ」「オンライン○○」「鬼滅の刃」「GoToキャンペーン」「3密」「ソロキャンプ」「フワちゃん」が選出された。

 ノミネート語30には、「まぁねぇ〜(ぼる塾)」や「時を戻そう(ぺこぱ)」など芸人のネタが入っていたが、トップ10には残らなかった。選考委員のやくみつる氏(漫画家)は選評で「ぼる塾を(ノミネート語に)ねじ込んだんですけど…。うちで、あんなに流行った『まぁね〜』はなんだったんだろう…。30語が発表されてから『聞いたことがない』という人が結構いました。何を見ていたんだろう」と話し始める。

 「コロナで困窮している時にあおりを食ったお笑いの方は映像的な技術を駆使したりして頑張っておられた。いつにも増して、実はお世話になっていた。そういう年ではないか」とコロナ禍でお笑いが心の拠りどころになって人が多かったのではないかと推察。それでも、同賞は、新型コロナウイルスに関連する語が多くを占めた。やく氏は「ぼる塾は私の心の糧だった。お招きできなかったのは誠に残念」と芸人にとって不遇な年になったことに唇を噛み締めていた。

 “年間大賞”に輝いた「3密」は、厚生労働省などが呼びかけた新型コロナウイルスの感染防止を目的とする新概念、新習慣。ただ、当初広がりを見せなかった。そんな折、東京都の小池百合子知事が殺到する報道陣に“密です”を連呼したことが報じられると、ネット上で話題となり、ツイッターには発言を題材にした投稿が相次いだ。個人開発によるゲームも登場し、ゲーム紹介動画は1週間で830万回以上再生されたという。

 選考委員の一人、言語学者の金田一秀穂氏は「“3密”は健気な日本語である。結婚の条件としての“3高”。大変な肉体労働を表す“3K”。いくつかある大切な項目をまとめる言い方が日本語にはあって、得意技ともいえる。この悲劇的厄災の中にあっても、日本語はその特性を発揮して注意すべき心得をまとめて表し、予防を喚起した」と評した。

 やく氏以外の選考委員は、姜尚中氏(東京大学名誉教授)、金田一秀穂氏(杏林大学教授)、辛酸なめ子氏(漫画家・コラムニスト)、俵万智氏(歌人)、室井滋氏(女優・エッセイスト)(50音順)と、大塚陽子氏(「現代用語の基礎知識」編集長)。

関連記事(外部サイト)