水沢アキ、65歳でヌード挑戦「体がおばさんになっても…」 “景品のため”写真集発売

水沢アキ、65歳でヌード挑戦 「胸も下がっちゃってるけど記念で」と写真集アピール

記事まとめ

  • 女優の水沢アキ(66)が5日、写真集の出版記念イベントに篠山紀信氏(80)と出席
  • 自身の集大成とも言える写真集の発売に、水沢は「私が生きてきた証」と笑顔を見せた
  • 65歳でのヌードにも挑戦し、「胸も下がっちゃっているんですけど記念だから」と語った

水沢アキ、65歳でヌード挑戦「体がおばさんになっても…」 “景品のため”写真集発売

水沢アキ、65歳でヌード挑戦「体がおばさんになっても…」 “景品のため”写真集発売

写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』出版記念イベントを開催した水沢アキ (C)ORICON NewS inc.

女優水沢アキ(66)と写真家の篠山紀信氏(80)が5日、都内で写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』出版記念イベントを開催。自身の集大成とも言える写真集の発売に、水沢は「(点数にすると)1億点、1兆点くらいです。私の人生そのものが出ています。私、芸能界が大好きだし、19歳で先生にめぐり会えて、これだけの数を撮ってもらえたということで、安心して人生終われます。この1冊があるから。私が生きてきた証なので、すばらしい写真集です」と笑顔を見せた。

 雑誌『GORO』のグラビア最大のスターとして一世を風靡した水沢は、1975年にグアムで初めて撮影された、篠山紀信氏による『激写』に登場するなり、人気が沸騰。NHK『連想ゲーム』、日本テレビ『太陽にほえろ!』など、数々のテレビ番組に出演を果たした。

 86年に発売された『水沢アキの情熱』は、累計約24万部を記録し、その後『週刊ポスト』のグラビアに多く登場。150万部を完売した伝説の合併号の巻頭グラビアを飾り、グラビアの女王として揺るぎない地位を築いてきた。今回の写真集では、当時未発表の作品と2020年に撮影された写真を含む全撮影・篠山氏の軌跡45年を1冊にまとめたものとなっている。

 今回、発売することになった経緯について、水沢は「通販番組をやっていまして、番組終わってから忘年会をやったんですけど、その時の景品が宮沢りえさんと菅野美穂さんの写真集だったんですね。その時に『なんで私じゃないんだ』というのと同時に、今のスタッフの方は私が写真集を出していたことを知らないんだろうと思って、忘年会の景品のためにやろうと(笑)。思い切って今年撮ったら、やっちゃおうかなということで、私の提案です」とにっこり。

 印象に残っているカットについては、表紙にもなっている19歳の時のカットを挙げ「想像を絶しました。19歳のこの顔、すごく強くないですか? いまだに芸能界にいられるのも、この時の強い目があったからだと思います」としみじみ。今年に入って撮影したヌード写真もあるといい「今年の4月1日に、桜が満開の時にリビングで撮りました。満開の桜に負けないくらいにと思ったのですが、私の写真は小さいんですよね(笑)。その小ささがいいんですよね。65歳だから胸も下がっちゃっているんですけど、多少、体がおばさんになっても記念だからということで」と声を弾ませた。

 篠山氏は、45年間水沢の写真を撮り続けての感想について「あんまり変わらないですね。明るいハキハキした、健康少女ですよ。初対面の美しさというのをずっと持ち続けて、最後のページの写真は今年ですからね。いろんな方を撮ってきましたけど、45年撮っているのは水沢さんだけ。若い時から比べると年を取ってきているけど、テンションの高さ、明るさ、いい人、その感じは変わりませんね」と太鼓判を押していた。

関連記事(外部サイト)