『24 JAPAN』第13話、後半戦に突入 妻子を救出、暗殺計画は次の段階へ

『24 JAPAN』第13話、後半戦に突入 妻子を救出、暗殺計画は次の段階へ

『24 JAPAN』第13話(1月8日放送)より。獅堂現馬(唐沢寿明)はついにテロ実行グループのボス・神林民三(高橋和也)を追い詰める (C)テレビ朝日

テレビ朝日系で放送中の『24 JAPAN』(毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域を除く、全24話)は、きょう8日放送の第13話「12:00A.M.−1:00P.M.」から後半戦。テロ対策ユニット「CTU」第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)はついに、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関わるテロ実行グループのボス・神林民三(高橋和也)を追い詰める。

 神林の手下・長谷部研矢(上杉柊平)に協力してもらい、現馬は、神林のアジトに監禁されていた妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を連れて脱出。だが、神林の猛追をかわすうち、やっとのことで再会した最愛の妻子とはぐれてしまう。危険を承知で、六花と美有を捜し回る現馬。やがて彼は、ついに神林との直接対決に挑むことになり…。

 一方、麗は見過ごすことのできない疑念にさいなまれていた。息子・朝倉夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯していたことを知るカウンセラー・葵塔子(西丸優子)が、不意の事故で死亡したからだ。闇の情報屋・上州(でんでん)が夕太の過去をもみ消すため、塔子を抹殺したのだと考え、すべてを告発しようとする麗。だが、その覚悟を根底から揺るがすような言葉を、夫である朝倉遥平(筒井道隆)をはじめ、近しい人物たちから次々と浴びせられる。

 同じ頃CTUでは、自殺したCTUの内通者・明智菫(すみれ)(朝倉あき)がここ5ヶ月にわたり、自身の母親の口座に大金を振り込んでいたことが判明。菫の口座の入金履歴を調べたA班のチーフ・水石伊月(栗山千明)と暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、現馬が7年前に携わった極秘任務「夜のとばり作戦」が今回の暗殺計画と関連しているのではないかと疑い、詳しく調べ始める。すると、麗の暗殺計画がまだ終わっていないことを示唆する“驚愕の事実”が浮かび上がる。

関連記事(外部サイト)