大渕愛子弁護士が会見を行い、着手金不当受領と業務停止1カ月の懲戒処分を認め謝罪

記事まとめ

  • 大渕愛子弁護士が会見を行い、依頼人から法テラスが定めた額以上に受領したと認めた
  • 業務停止1カ月の懲戒処分も認め、“故意”は否定したが自身の非を認め謝罪した
  • 今後のタレント活動については、1カ月は弁護士の肩書が出る仕事は一切受けないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております