窪田正孝主演『僕たちがやりました』初回平均視聴率が7.9%

窪田正孝主演『僕たちがやりました』初回平均視聴率が7.9%

ドラマ『僕たちがやりました』の制作発表会に出席した窪田正孝 (C)ORICON NewS inc.

 俳優・窪田正孝が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜 後9:00)第一話が18日放送され、初回平均視聴率が7.9%だったことが19日、わかった。

 同ドラマは『ヤングマガジン』(講談社)で連載された原作・金城宗幸、漫画・荒木光氏によるマンガを実写化。何事も“そこそこ”でいいと思っている主人公、凡下(ぼけ)高校2年のトビオはある日 学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされてしまった復しゅう心からちょっとしたイタズラを思いつく。しかしそれが大事件を引き起こし仲間とともに逃亡することとなる青春サスペンス。

 第一話では同級生の伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、超大金持ちでOBなのにトビオたちといつもたむろしているパイセン(今野浩喜)と“そこそこ”な毎日を過ごしていた。しかし向かいのヤンキー高校のナンバーワン不良・市橋(新田真剣佑)らにマルとトビオが目を付けられたことから事態は一転。ある日、マルは市橋らに拉致されてしまう…というストーリーだった。

関連記事(外部サイト)