野沢雅子、『ドラゴンボール超』100話突入「700話目指します」

野沢雅子、『ドラゴンボール超』100話突入「700話目指します」

フジテレビ系アニメ『ドラゴンボール超』100話(7月23日放送)を野沢雅子が祝福

 フジテレビ系アニメ『ドラゴンボール超』(毎週日曜 前9:00※地域によって放送時間・曜日が異なる)が23日の放送でちょうど100話を数える。「ドラゴンボール」シリーズの累計では770話となり、悟空・悟飯・悟天を演じる声優の野沢雅子が祝福のコメントを寄せた。

 2015年7月5日より放送開始した『ドラゴンボール超』は、原作者・鳥山明氏が、ストーリー&キャラクター原案を手掛け、現在は「宇宙サバイバル編」が放送中。第7宇宙を代表する10人の戦士がチームとなって「力の大会」に臨み、そこに待ち受ける熾烈な戦いを描く。

 野沢は「100話ってあっという間なのね! 聞いてびっくりしました! これならまたあっという間に200話もいっちゃいそう! 最近は、ファンの人たちからのメッセージが毎日のように私のところに届いてうれしいです。外を歩いてても『毎週観てます』とか『面白いです』ってよく声かけてもらいますし。ドラゴンボールの個数にちなんで『ドラゴンボール超』も700話を目指しますので、ファンの皆さん、引続き応援よろしくお願いしますね」と、やる気に満ちている。

 シリーズ累計770話の内訳は次のとおり。『ドラゴンボール』153話、『ドラゴンボールZ』291話+スペシャル2話、『ドラゴンボールGT』64話+番外編1話、『ドラゴンボール改』159話、『ドラゴンボール超』100話(7月23日現在)。

 第100話は、悟空(CV:野沢雅子)たち第7宇宙と対を成す第6宇宙はやはり強敵だった。ベジータ(CV:堀川りょう)はボタモ(CV:高戸靖広)、マゲッタ(CV:龍田直樹)のコンビに苦戦を強いられていた。そこへキャベ(CV:岸尾だいすけ)までもベジータへ向かっていく。他所ではヒット(CV:山路和弘)が第3宇宙を相手にその実力をみせつける。一方、第6宇宙の女サイヤ人ケール(声:ゆかな)は怖気づき、迫る敵に一方的に打ちのめされていた。すかさず、もう1人の女サイヤ人カリフラ(CV:小松由佳)が助けに入る。カリフラはケールに自信を持って本来の力を発揮するよう発破をかけ、2人で悟空に勝負を挑む。悟空とカリフラが激しく闘う中、ケールに異変が…。

関連記事(外部サイト)