10代目ピーターパン・吉柳咲良「飛んでいる時間が一番幸せ」

10代目ピーターパン・吉柳咲良「飛んでいる時間が一番幸せ」

10代目ピーターパン・吉柳咲良が、ミュージカル『ピーターパン』フォトコールでフライングを披露(C)Deview

 第41回「ホリプロタレントスカウトキャラバン」グランプリで吉柳咲良が23日、10代目ピーターパンとして、ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』のフォトコールおよび囲み取材に登場した。

 プレス撮影用に公開されたフォトコールで、『アイム・フライング』を歌いフライングを見せる代表的なシーンを披露した吉柳。かねてより「フライングが楽しみ」と公言していた吉柳は、「高い所が大好きで、ジェットコースターも何回も乗っちゃうほうなんです! フライングの間は緊張を忘れて、楽しくいつも通りに飛べたと思います」と満面の笑顔を見せる。

 しかしこの見事なフライングも、積み重ねた稽古の賜物。「最初はくるくる回ってしまったんですが、神田沙也加さんの上手なフライングの、脚の動きを見て学びました」と明かす。「飛んでいる時間が、一番幸せだなと思います。怖がるんじゃなく楽しみながら、皆さんに助けられて、フライングをさせていただけることに感謝しながら飛びたいと思います」と語った。

 現在、13歳の中学生。永遠の少年を演じることの難しさはないのだろうか? 吉柳は「ピーターは集中してるかと思えば、すぐにポイッと捨てて次のことに行っちゃう。そんな感情の変化に追いつくのが大変です。そうやってポイポイ捨てて散らかった部屋を、片付けてくれるのがウェンディで。その関係性も出しながら、本当のピーターパンだって思ってもらえるように頑張りたいです」と、役作りについて語った。

 ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』は24日から8月3日まで、東京国際フォーラムにて公演。以降、静岡公演、大阪公演と巡演する。なお吉柳が『ピーターパン』について語ったインタビューが、オーディション情報サイト「デビュー」に掲載中。

関連記事(外部サイト)