窪田正孝×永野芽郁、『僕やり』衝撃のキスシーン公開

窪田正孝×永野芽郁、『僕やり』衝撃のキスシーン公開

『僕たちがやりました』第2話で永野芽郁と窪田正孝が衝撃のキスシーン (C)カンテレ

 俳優の窪田正孝(28)が主演する関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜 後9:00)第2話の場面写真が到着。主人公・トビオを演じる窪田と幼なじみのヒロイン蓮子を演じる永野芽郁(17)とのキスシーンが公開された。同学年の高校生を演じる2人だが、実際は年齢差11歳。会見では「ヒロインと11歳差だし。結構しんどいよ」と茶化していた窪田だが、劇中ではともに迫真の演技をみせている。

 同ドラマは人生“そこそこ”で生きていければいいと思っていたトビオとその仲間・伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、高校OBのパイセン(今野浩喜)が、向かいにある高校の不良にマルをボコボコにされたのをきっかけに、復しゅうしようとイタズラ心で仕掛けた小型爆弾が、謎の爆発事件に発展。突然彼らは“爆破事件の容疑者”となってしまう…という“青春逃亡サスペンス”。

 25日放送の第2話では、10人の死者を出した爆発を事件と断定した警察が捜査に乗り出すところから始まる。さっそく疑いの目を向けられたトビオたちは、大爆発の原因も分からないまま刑事の飯室(三浦翔平)の追及を恐れる。追い込まれ、ヤケになったトビオは、大胆にも想いを寄せる蓮子に「キスしない?」と迫り、2人っきりのカラオケボックスで念願の初キスをすることに…というあらすじ。

関連記事(外部サイト)