つば九郎、あだち充氏の仕事場を突撃取材

つば九郎、あだち充氏の仕事場を突撃取材

東京ヤクルトスワローズの人気マスコットキャラクター・つば九郎が漫画家・あだち充氏の仕事場を突撃取材(写真提供:小学館)

 あす26日発売の『少年サンデー』35号(小学館)に、東京ヤクルトスワローズの人気マスコットキャラクター・つば九郎が、『タッチ』『H2』などの作品で知られる漫画家・あだち充氏の仕事場を突撃取材した記事が掲載される。あだち氏が東京ヤクルトスワローズの大ファンであることから、球団の協力のもと実現。多忙なつば九郎も「あだちのためなら」と快諾したという。

 6月某日。取材会場となったのは、あだち氏の仕事場。あいさつも早々に、つば九郎は自身を主人公としたコミックスの宣伝を始める傍若無人っぷり。その後は、仕事部屋を物色したり、机に突然サインを書いたり、やりたい放題で、最後には、『タッチ』のヒロイン・浅倉南にまで手を出して…。

 あだち氏とつば九郎のスペシャル対談は、ブラックユーモア満載、場外乱闘(!?)的な面白さで「なかなかのできです」(つば九郎)。

関連記事(外部サイト)