Juice=Juice宮本佳林、機能性発声障害で休養へ

宮本佳林 声出ず休養を発表

Juice=Juice宮本佳林、機能性発声障害で休養へ

Juice=Juice宮本佳林、機能性発声障害で休養へ

Juice=Juice・宮本佳林 (C)ORICON NewS inc.

 アイドルグループ・Juice=Juiceの宮本佳林(18)が、機能性発声障害による治療のため休養することが25日、わかった。所属事務所の公式サイトで発表された。

 宮本は声が出にくい状態だったため、先週のライブもダンスのみの参加だったが回復せず、再度検査を受けた結果、機能性発声障害と診断された。

 サイトでは「ダンスパフォーマンスのみの参加でも、無意識のうちに自分の歌のパートで呼吸が乱れ息苦しくなる為、本人と保護者と話し合いを行い、そして医師とも相談の上、治癒を最優先に考え、本日よりライブ、イベント、声を出す必要のある仕事は全てお休みさせて頂く事になりました」としている。

 今後については、入院せずに通院治療とリハビリで状況を見て、「回復の状態によって順次活動の幅を広げて行きたいと思います」と説明。ファンに向けて「引き続き、Juice=Juiceそして宮本佳林へのご声援を頂戴できるよう努めて参りますので、今後とも宜しくお願い致します」と呼びかけている。

 宮本は22日のブログで「本日喉の不調でダンスパフォーマンスのみの参加になってしまいますが、、。ダンスで全力で楽曲を表現したいと思います」とつづっていた。

関連記事(外部サイト)