高畑充希、“過保護”なカホコ役に試行錯誤「あまりにもギリギリ」 竹内涼真も感心

高畑充希、“過保護”なカホコ役に試行錯誤「あまりにもギリギリ」 竹内涼真も感心

日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』取材会に出席した(左から)高畑充希、竹内涼真 (C)ORICON NewS inc.

 女優の高畑充希と俳優の竹内涼真が、出演中の日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』(毎週水曜 後10:00)取材会に出席。すでに二話まで放送されているが、超過保護に育てられた天然キャラ・カホコ(高畑)と、彼女に厳しく接しながらも実は優しい同級生・麦野(竹内)役の2人が、改めて役柄へ周囲の反響や演じみての感想を語ってくれた。

 大ヒットドラマ『家政婦のミタ』などで知られる脚本家・遊川和彦氏が手がける同作では、二話までで平均視聴率二桁をキープ。一人称は自分の名前、周囲に溺愛されまくり、なんでもママに頼り切りで一人で起きることさえできなかった女子大生・カホコが、唯一、厳しい言葉を投げかけてきた麦野の力を借りながらも「こんなの初めて」を経験して成長していく姿が描かれている。

 超がつくほど世間知らずだがみんながメロメロになってしまい、結果的に甘やかされて育ってきたカホコだが、演じている高畑自身は苦労も多いようで「最初からわかっていたんですけど、あまりにもギリギリですよね」と本音。「実際いたらボコボコにしてます、人生ナメんなよ!って」と冗談めかして笑いを誘う。

 「ドラマだから最低限かわいらしくしないといけなくて、最初は完全に“キャラ”にしてリハをやっていたら、ただのあざとい人になってしまって、これは気持ちが一生懸命じゃないと成立しないなって」と役作りに試行錯誤。「だから疲れる。だって一生懸命なんだもん。私、夏が嫌いなんですけどそのなかで一生懸命、前のめりっていうのは普段から考えると一年分くらいのエネルギーをつかっている」と全力で臨んでおり、「疲れるけど、楽しいですね」と前向きに明かした。

 一方、朝の連続テレビ小説『ひよっこ』での役柄とはガラリと変わり、ツンデレぶりが話題となっている麦野役の竹内だが、高畑は「本当にずるいなと思って。台本読んで『ずる〜!』って思った。全部持ってくじゃん、これで!みたいな。全女子が甘やかしてほしいもん」と悶絶。「ちょうどいいのよ、ちょうどよく、いてほしい“彼氏感”ですよね。夢ですよね。人間っぽいダメさもあるし、いざというときにヨシヨシしてくれるお兄ちゃん感」と力説するも、当の本人は「僕は意外です。カッコイイみたいな声は出ないと思った」と驚いているそう。

 そんな高畑が演じるカホコについて、竹内も「ずるい」と断言。「まっすぐなんですよ。目が。だからほっとけないし、いろいろ知らない子どものまっすぐさって、子ども大人関係ないし、その一個を持っているって大きいこと。充希さんの顔、充希さんにしか無理でしょうね」とその熱演ぶりに感心しきりだった。

関連記事(外部サイト)