『ミヤネ屋』高須院長に謝罪 裁判めぐる発言「誤解を与えた」

『ミヤネ屋』が高須クリニック高須克弥院長に対し番組で謝罪 浅野史郎氏の発言に警告

記事まとめ

  • 日本テレビ系『ミヤネ屋』が高須クリニック高須克弥院長に対し「誤解を与えた」と謝罪
  • 元宮城県知事・浅野史郎氏が高須氏の訴訟に「名誉毀損」にはあたらないと持論を展開
  • 高須氏が「浅野史郎様から明日中にお詫びがなければ提訴します」と番組に警告していた

『ミヤネ屋』高須院長に謝罪 裁判めぐる発言「誤解を与えた」

『ミヤネ屋』高須院長に謝罪 裁判めぐる発言「誤解を与えた」

高須克弥氏 (C)ORICON NewS inc.

 日本テレビ系『ミヤネ屋』(月〜金 後1:55)で26日、高須クリニック・高須克弥院長の裁判に対する元宮城県知事・浅野史郎氏の発言について、「誤解を与えた」として林マオアナウンサーが番組内で謝罪した。浅野氏はきのう25日の同番組で、高須氏が民進党・大西健介衆院議員や蓮舫代表らを相手取った訴訟が「名誉毀損(きそん)」にはあたらないとする持論を展開。これに対し高須氏が同日のツイッターで「浅野史郎様から明日中にお詫びがなければ提訴します」と番組に警告していた。

 ことの発端は今年5月、大西議員が衆院での委員会において、悪質な美容外科の広告などの問題を追及する際に「イエス!○○」と高須クリニックのCMを連想させる例を挙げ説明。これに高須氏がクリニックの名誉を傷つけられたとして大西議員、蓮舫氏らを相手取り計1000万円の損害賠償と謝罪広告を求める訴訟を提起。24日に東京地裁で第1回口頭弁論が行われた。

 25日の放送で浅野氏は、この話題に「名誉毀損っていうのは、事実と違うことを摘示していう。(大西議員が)国会で発言したかは別にして、普通の平場で言ったとしても、これは真実を言ったんですよ」とクリニック側に問題があるともとれる持論を展開。これに高須氏がツイッターで「明確な名誉毀損です。いまミヤネ屋さんに顧問弁護士から警告しました。浅野史郎様から明日中にお詫びがなければ提訴します」と反発していた。クリニックは同番組のスポンサー企業でもある。

 きょう26日の放送では、「(25日の)放送後、浅野氏に発言の真意を聞いたところ、『裁判の内容を誤解していた。高須院長にお詫びする』との気持ちを表した」と林アナが説明。続けて「読売テレビとしても、高須院長、および視聴者の皆さまに誤解を与える放送をしましたこと、お詫び申し上げます」と謝罪した。

 司会の宮根誠司も高須氏に「これからも仲良くしていただけますでしょうか。イエス!とおっしゃっていただけたらと思います」と呼びかけていた。

関連記事(外部サイト)