日中友好書道展「ミスこまち」が振袖姿で魅了

日中友好書道展「ミスこまち」が振袖姿で魅了

日中友好書道展『つなぐ』セレモニーに出席した(左から)島村宜伸元文部相、ミスこまちグランプリ・風谷南友

 日中国交正常化45周年を記念した日中友好書道展『つなぐ』のオープニング・セレモニーが26日、東京・文京区の日中友好美術館で行われた。

 実行委員会は島村宜伸元文部相が会長を務め、実行委員には安倍晋三総理の母堂で書道家としても知られる雍容苑会長の安倍洋子氏や渡辺プロダクショングループ代表の渡邊美佐氏らが名前を連ねている。

 セレモニーで島村氏は「今年は節目の年。書道展で両国の絆を強固にしていきたい。力を合わせて将来の展望を開いていきたい」とあいさつ。その後、安倍氏も加わりテープカットが行われた。また、東京五輪を3年後に控えた“おもてなし”にちなみ「ミスこまちグランプリ」の風谷南友も参加し、セレモニーに華を添えた。

 「こまち」は平安時代の女流歌人「小野小町」に由来。日本では中国の楊貴妃、古代エジプトの女王・クレオパトラと並んで“世界の三大美女”とも称される。そんな悠久の歴史に思いをはせた島村氏は「日中の国交は正常化して僅か45年だが、人、文化の関係は古い」と語り、「お互いにアジアのリーダーとして未来に向けて手を携えていきたい」と決意。風谷も「こういった節目の年に参加せせていただいて光栄です。この立場で両国の友好に少しでも協力できればと思っています」と意気込んだ。

 今回、「ミスこまち」風谷の振袖姿は中国からの代表団や関係者からも大評判で、衣装を提供したヤマノホールディングスの担当者にまで質問が相次ぐハプニングも。「小野小町に興味を抱いた」と言う中国のテレビ関係者もいて「書道展と振袖姿のコラボレーションは日本ならではのアピールになった」と主催関係者。書道展は31日まで開催される。

関連記事(外部サイト)