宇多田ヒカル、初の全編ダンスMVに挑戦「体で表現するっていうのはいいな」

宇多田ヒカル、初の全編ダンスMVに挑戦「体で表現するっていうのはいいな」

宇多田ヒカルが新曲「Forevermore」MVで全編コンテンポラリーダンスに挑戦

 シンガー・ソングライター宇多田ヒカルが、TBS系日曜劇場『ごめん、愛してる』(毎週日曜 後9:00)の主題歌として書き下ろした新曲「Forevermore」(28日配信開始)のミュージックビデオ(MV)が28日に公開され、全編にわたって宇多田本人のコンテンポラリーダンスで構成されていることが明らかになった。

 これまでにも「traveling」「Passion」「Keep Tryin’」「Goodbye Happiness」などダンスを一部取り入れたMVはあったものの、全編本人によるダンスで構成された作品は今作が初。宇多田が生命力あふれるダンスパフォーマンスを披露する。

 撮影は6月に英ロンドンで行われ、監督は新進気鋭のクリエイター、ジェイミー・ジェームス・メディナが担当。振付はアトムス・フォー・ピースの「Ingenue」のMVでレディオヘッドのトム・ヨークとダンス共演し、世界的に話題となったロンドン在住の振付師Fukiko Takaseが手がけた。

 何日間にもわたって綿密なダンスリハーサルを経て撮影に臨んだ宇多田は「昨年アルバム『Fantome』を発売して、音楽がより肉感的になったという評価もされ、私も(今、作っている音楽は)肉体や体温を感じる音楽になってきたなーと思っていたので、この『Forevermore』を体で表現するっていうのはいいなと思って、制作に臨みました」とダンスに挑戦した経緯を明かした。

関連記事(外部サイト)