WOWOW、漫画原作を初制作 comicoとホラー作品展開へ

WOWOW、漫画原作を初制作 comicoとホラー作品展開へ

WOWOW×comicoの強力タッグでホラーコミックを制作

 WOWOWとスマートフォン向けコミック&ノベルサービス『comico』は1日、ホラーコミックを共同制作したと発表した。『comico』の人気作家が作画、WOWOWがシナリオ原作を担当。これまで「連続ドラマW」などオリジナルドラマを制作してきたWOWOWだが、イチから原作制作に携わるのは今回が初めて。

 今回のコラボでは、2作品のホラーコミックを制作。『読んじゃいけない』(原作:保木本真也/作画:佐渡流)は11日より、『標識学級』(原作:猪原健太/作画:ジライケン)は24日より、『comico』と『comicoPLUS』にて配信を開始する。

 2作品とも1話〜3話までは無料、4話〜12話までは有料。4話以降はアプリ内の「応援ポイント」を購入する必要があり、7話〜12話までは週1回の毎週更新となる。さらに公開を記念して、声優の浪川大輔、講談師の神田松之丞、『読んじゃいけない』の原作を担当した脚本家の保木本真也らが出演するラジオ番組の配信も決定。11日より「WOWOW×comico」のプロジェクト紹介ページにて視聴可能となる。

■作品概要

『読んじゃいけない』(全12話)
【ストーリー】
comico のアプリ内には、作者不明の「読んじゃいけない漫画」が存在する。
その漫画を4 時に読むと、呪われて"災いが降りかかる"と言われている…。
入院中の男子高校生・宇崎良寿と、その友人・妻土音衣が通う学校で、恐ろしい噂が流行していた。
そんな、ある日、遂に漫画を読んだ生徒から犠牲者が出てしまう。果たして「読んじゃいけない漫画」による呪いか、それとも―。

『標識学級』(全12話)
【ストーリー】
充実した高校生活を楽しむ、川田サキたち4人組。
ある日、不意に夜の教室で目をさますと、学校から出られない。
同級生の高松康太たちも、何が起きているのか分からない。
4人は手がかりをさがすうち、『通行止』の標識と『飛び出し坊や』の看板を発見する。
次の瞬間、「坊や」が突然、4人に襲い掛かって…
『止まれ』『一方通行』『進入禁止』などの標識がもたらす圧倒的な恐怖。
シュールでポップなサバイバル・ホラー。

関連記事(外部サイト)