ジェロ、学生服でライブ「小学生の時を思い出す」

ジェロ、学生服でライブ「小学生の時を思い出す」

学生服でライブを行ったジェロ (C)ORICON NewS inc.

 演歌歌手のジェロらが2日、東京・浅草公会堂で行われた『演歌男子。学園祭LIVE』に出演した。

 この日の公演は、CS放送「歌謡ポップスチャンネル」で放送しているトークバラエティ『演歌男子。』のライブ版。出演者たちは学生服に身を包み、昭和を代表する青春ソングメドレーや洋楽カバーなどを披露。さらに“即興芝居劇”にも挑戦した。

 開演前、報道陣の前で西城秀樹の「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」をカバーしたジェロは「中学、高校は私服だったので制服着るのが小学生以来。小学生の時を思い出しますね」と笑顔。学生時代の思い出話に花を咲かせる一方で、ネックレスを付けていたことから共演陣に「校則違反ですよ」と総ツッコミを受けた。

 公演にはそのほか、松原健之、純烈、花園直道、はやぶさ、パク・ジュニョン、川上大輔らが出演。パクは「演歌男子のみんなと同級生の友達になった気持ちでとてもうれしい」と制服姿にご満悦。松原は「演歌男子ならではのイベント。普通のライブと違って、大きなイベントになる」と気合十分の様子で取材に応じていた。

関連記事(外部サイト)